アルファード30系 エアロパーツとパーツ別効果

aero-t

アルファード30系もカスタム化の王道はやはりエアロです。

本格的にやるとそれなりの予算はかかりますが、車のフォルム、シルエットが変わるので、効果も満足感も大きいのは間違いありません。

ここではアルファード30系 エアロパーツとパーツ別効果に迫ってみます。

3つの秘策

アルファード30系 フロントリップスポイラー

リップスポイラーは本来、ボディ下部への空気の流入を防ぎ揚力を抑制するエアロパーツですが、その効果よりもドレスアップや最低地上高を下げる効果が大きく、比較的低コストでカスタム化することが可能です。器用な方ならDIYでもいけるくらいです。

これはモデリスタのアルファード30系用リップスポイラーです。

最低地上高が4㎝ほど下がるとともに、バンパー下部の存在感が増すデザインです。

aero-01

TRDのリップスポイラーです。

こちらはフォグランプ回りが重厚になり、LEDのデイタイムランプがいいですね。

aero-02

アルファード30系 サイドステップ

サイドステップは、車体横から流れ込む風を後方に流すもので、走行安定性に資するものですが、車のサイドラインを引き締め、地上高を下げることで、もっぱらドレスアップの目的で装着されます。

これはTRDのアルファード30系用サイドスカート、2段のラインが特徴的で、ボディ下部の迫力が否が応でも増してきます。

aero-03

モデリスタのアルファード30系用サイドスカートです。シルバーのラインが立体的に浮き上がっており、ボディ下部が引き締まって見えますね。

aero-04

アルファード30系 リアアンダースポイラー

車の後方にできる乱流の発生を抑え、車体下部の空気を効率よく後方に流すことによって空気の流速を上げ、揚力を抑制するという効果がありますが、ドレスアップの効果の方が圧倒的に大きいのはもちろんです。

これはTRDのアルファード30系用リアアンダースポイラー、6本出しマフラーのようなデザインが印象的で、全体に非常に存在感のあるデザインになっています。

aero-05

エアロSEVENのアルファード30系用リアアンダースポイラーです。下部のブラックアウトが効いています。

マフラーリング一体のデザインです。

aero-06

アルファード30系 リアウイングスポイラー

リアウイングスポイラーは飛行機の羽根と逆の構造で、ダウンフォースにより、高速走行時に後輪を地面に押し付け、グリップ力を増大させる効果がありますが、

これはシックスセンスのアルファード30系用リアウイングスポイラー、純正のウィングにビス止めするようですがこれはこれで存在感がありますね。

aero-07

アルファード30系 バンパースポイラー

アルファード30系、独自のエアロフォルムを手に入れたかったら、純正のバンパーをスタイリッシュなスポイラータイプに換えるのが一番です。

ただ、残念ながら、まだまだバンパーをまるごと交換するタイプは数少ないようです。

これは、モデリスタのアルファード30系用バンパースポイラー、両サイドのボリュームとバンパー下部のイルミネーションがすごい存在感ですね。

aero-08


アルファード30系 やはりエアロをいじると、効果は大きいようですね。

もちろん空力特性も改善するのですが、おそらく高速道路で法定速度をかなり超過したレベルで感じられる程度ですから、これはもうスタイリングだけで考えて構わないでしょう。

とりあえず、エアロパーツの提供も豊富なフロントリップスポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラーの3点セットくらいから、エアロのカスタム化、始めてみるといいかもしれません。

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ