アルファード30系 グリル交換のポイントと効果

grill-t

アルファード30系といえば、フロントマスク、特に迫力あるフロントグリルが良くも悪くも大きな特徴です。

だから純正のままでもいいのですが、フロント交換の効果は通常の車に比べてはるかに大きいのです。

ここでは、アルファード30系 グリル交換のポイントと効果をチェックしておきましょう。

3つの秘策

アルファード30系の純正グリル

アルファード30系の純正グリルは、まず、グリルの大きさとシルバーのプレートで鱗のように覆われた雰囲気が特徴的で、とにかく迫力がありますが、人によってはバタ臭く感じる場合もありますし、「やりすぎ」という意見もあるようですね。

grille-01

アルファード30系 TRD、モデリスタのグリルへの交換

アルファード30系の場合、安心して交換できるのは、準純正部品と言っていいTRD、モデリスタのグリルへの交換です。

TRDの場合は、3本のフィンが特徴的で、しかもフィン部分が通常の車のグリルのようにバンパーの線で区切られているので、純正とは全く違ったフォルムで、純正の面影はまるでありません。

そこそこの迫力を残しながら端正な仕上がりになっています。

grille-02

モデリスタの場合は、2本のフィンにゴールドのライン、上部には青いLEDライトが入っていますから、これは思いっ切り派手に決めることができますね。

grille-03

アルファード30系 社外品の特徴的なグリルへの交換

《AMS ラグゼス 》

これは5枚の大きなフィンで覆うタイプで、純正の押し出しの強さに対して重厚なデザインですね。

grille-04

《ROJAM》

4本のフィンの間に細かいメッシュが入ったデザインですが、ノーズを前に出して、グリル面積を少なくする意匠ですから、純正と比べて落ち着いた中にも流麗なフォルムになっています。

ボディ形状が違って見えるところも悪くありません。

grille-05

《ヴァルド スポーツライン エアロ グリルカバー》

これはグリル下部を覆うカバーですが、大きなアルファード30系のフロントグリルをバンパーラインから隠してしまいますから、純正のグリルを活かしながら全然違う雰囲気に仕上がって、まるで別の車のようです。

grille-06


アルファード30系の一番大きな特徴はフロントグリルで、車好きの人なら誰でも知っています。

それだけに、このフロントグリルを交換するというのは、エアロと比べればかなりリーズナブルで見た目を変えることができますから、おススメのカスタム化と言っていいかもしれません。

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ