アルファード30系 テールランプ交換の効果とポイント

tallramp-t

アルファード30系に限らず、テールランプの交換は車体後部のカスタム化としては有効な選択肢です。

自分からは見えませんが、後ろの車からは常時目に入りますからね。

ここでは、そんなアルファード30系 テールランプ交換の効果とポイントに迫ってみます。

3つの秘策

アルファード30系のテールランプ

アルファード20系の頃から、アルファードのテールランプはレッド、ヴェルファイアのテールランプはクリアでしたが、30系でもこのコンセプトは踏襲されています。

アルファード30系テールランプ
tallramp-01

ヴェルファイア30系テールランプ
tallramp-02

このテールユニット中にテールランプ、ターンランプ、バックランプが入っているのですが、テールランプ(ストップパンプ一体)はLED、その他は白熱球バルブが入っています。

アルファード30系のテールランプのカスタム化

アルファード30系のテールランプをカスタム化するなら、定番はLED化です。

《ターンランプのLED化》

まず、LED化されていないターンランプのLED化です。ターンランプはクリアレンズの中にあるのですが、ターンランプはイエローバルブなので、クリアランプ越しにオレンジの色が透けて見えるという問題があります。

これをLED化することによって、点灯時以外はオレンジ色が見えなくなるのです。

加えて、残光の無い切れのいい光り方になり、もちろん消費電力が低下します。

この消費電力の低下が問題で、タマ切れと勘違いして、ウインカーの高速点滅、いわゆるハイフラ現象が発生してしまうのですが、そこは良くしたもので、ハイフラ防止キット(要するに抵抗をかますのですが)をセットにしたものが提供されているのです。

《バックランプのLED化》

これは実に簡単です。バルブをT16LEDに換えればいいだけです。

消費電力が低下するだけでなく、明るくなって視認性も良くなりますし、少しだけドレスアップ効果もあるかもしれません。

《リフレクターのLED化》

アルファード20系の時には、フルLED化キットなるデザイン性あふれたものがあったのですが、30系ではそのようなものは見当たりません。

しかし、LEDリフレクターというものが多数提供されているのです。

リフレクターというのは後方からの光を反射して赤く光る、アルファード30系ではバンパー下部両端にあるパーツですが、ここをLED化して、ストップランプに合せて輝度をアップさせたり、バック時には白く点灯させたり、流れるウインカー機能を搭載したものまであるのです。

リフレクター自体が小さいので残念ですが、LEDだからなせる技でしょう。

小さいなりにドレスアップ効果はあるのではないでしょうか。

エアロボディ用

ノーマルボディ用(バック時は白く点灯)

ノーマルボディ用(流れるウインカー機能付き)


アルファード30系のテールランプはLED化が進んで、オリジナリティを出すのは難しいところがあるのですが、ネットなどで丹念にさがせば、これはというパーツが見つかります。

しかもテールランプ系は比較的安いのもうれしいところ、心配なハイフラ対策品もありますから、チャレンジしてもいいかもしれません。

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ