アルファード30系 値引き相場と攻略法

nebiki-t

アルファード30系は発売当初から人気が沸騰していましたが、マイナーチェンジ前には30万円オーバー、中には40万円オーバーの値引きに成功したとの報告を受けるようになっていました。

しかし、先日のビッグマイナーチェンジが実施されて状況は変わってきました。

当然といえば当然ですが値引き幅も引き締められたようです。

ここではそんなアルファード30系の値引き相場と攻略法に迫ってみます。

3つの秘策

アルファード30系の値引き相場

《アルファード30系の発売当初》

アルファード30系の発売当初は値引ゼロという厳しい条件を提示されていました。

中には15万円の値引きを引き出したという猛者もいらっしゃるようですが、普通の方は5万円がせいぜいだったようです。

《アルファード30系 最近の値引き相場》

そんなアルファード30系も発売から3年が経過し、30系としては最初のビックマイナーチェンジが実施されました。

マイナーチェンジ前は値引き幅も拡大し車両本体価格から「40万円」が狙える状態でしたが、マイナーチェンジが実施された現在の値引き幅は「23万円」程度に引き締められています。

アルファード30系の値引き攻略法

2018年4月時点では引き締められている値引きも時間とともに拡大されていくことは予測出来ますが、どんな時でも大幅値引きをゲットしようと思ったら、それなりの努力が必要になります。

そのための攻略法をいっくつか紹介しましょう。

《決算時期やセールを狙う》

ディーラーもいつも限度額が同じわけではありません。

決算期が近づくと売り上げを伸ばしたいのが人情ですから当然値引き幅は拡大します。

これは中間決算も同じで、要するに数字を締めるポイントが重要なのです。

場合によっては月締めもターゲットになってきます。

また。セールの場合、広告費やマンパワーを投入しますから、売り上げは伸ばさなければなりません。

となると、多少は値引を拡大してでも契約に結び付けたいという心理が働くのです。

《ライバル車と競合させる》

その店で売っているアルファード一本勝負でいくと値引きは知れています。

そんなに値引きしないでも買ってくれる可能性が高いからです。

これが、他社の車と迷っているとなると話は別です。

契約を他社に取られるくらいなら多少値引きをしても売ったほうが得だからです。

ライバル車との競合のポイントは、あくまで本命はアルファードということを印象付けておくことです。

《アルファード30系のライバル車》

アルファード30系のライバル車はトヨタ以外ならエルグランドですが、残念ながらエルグランドは発売から5年以上経過しているのでライバル車としてはちょっと弱いかもしれません。

となると最大のライバルはヴェルファイアでしょう。

アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店と別れていますし、ネッツ店には旧オート系と旧ビスタ系がありますから、競合させるにはぴったりです。

《一気に勝負する》

ディーラーが嫌うのは交渉の長期化です。

商談にもマンパワーを要しますから、時間だけかけて売れなかったら最悪ですからね。

ということは、条件次第で即決するというスタンスで勝負することが好条件を引き出す鍵と言えるのです。

機が熟したら、「この条件なら即決する」と畳みかけましょう。


アルファード30系は納車待ち状態からも脱しつつある今からが値引交渉のチャンスです。

もちろんこれからマイナーチェンジに向かって少しずつ値引き幅は拡大していきますが、それはとても緩やかなものですからね。

それよりは、しっかり作戦を練って好条件を引き出し、旬の車に乗ったほうがいいのではないでしょうか。

アルファード30系を合法的に安く購入をご存知ですか?

アルファード30系も発売開始から3年が経過し、
先日ビッグマイナーチェンジが実施されました。

マイナーチェンジ実施後の現在は予測された通り値引き幅も縮小され、
現時点の値引き額は23万円程度となっています。

マイナーチェンジ後は安く購入できないのか?

というと、そんなことはありません。

合法的な方法が存在します。

しかし、合法的でありながらもまだまだ知れ渡っていないため、
ディーラーセールスマンのトークと交渉術に負けている方が
多いのが現状です。

もし、通常の値引き交渉をした限界値引き額から
更に30万円安く購入できるとしたらどうでしょう。

しかも、完全合法な最安購入法です。

ディーラーセールスマンのセールストークに惑わされず、
安心して、それも自宅にいながら片手間で出来る方法を
お伝えしますので、是非マスターして商談に望ん下さい。

下記の記事で詳細に説明していますので、
一度目を通してみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ