アルファード30系はフロントグリルが前期後期で激変!グリル交換の効果と注意点!

アルファードは10系から20系、30系へとモデルチェンジされ、直近では30系アルファードが前期モデルから後期モデルにマイナーチェンジされました。

 

アルファード30系については、マイナーチェンジでフロントグリルの形状を含めてフロントマスクが変わりました。

 

アルファード30系については、もともと大型のフロントグリルをもつためすごく迫力がありました。

 

しかし、後期モデルではフロントグリルが変更されたことで更にかっこよくなったのです。

 

フロントグリルはフロントマスクの印象を決める大きな要素です。

 

フロントグリルが変わるだけで、大きく印象を変えてしまうのです。

 

この記事では、アルファード30系のフロントグリル変更することでどのようにフロントマスクの印象を変えてしまうのかを画像を用いてご紹介します。

 

更に、アルファード30系前期モデルに後期モデルのフロントグリルを中心としたフロントマスクを移植出来るのかについてもご紹介します。

 

 

この記事の続きを読む

アルファード30系 モデリスタ 前期と後期のデザインの違いとパーツ紹介!

ルファードにはトヨタ認定のカスタマイズカーとして「モデリスタ」と「TRD」がラインナップされています。

 

また、カスタマイズカーだけでなくパーツも発売されており、車検の心配をする必要がなく、デザインがかっこいいのも受けているところだと思います。

 

アルファード30系についても、もちろん前期モデルのときからモデリスタのカスタマイズカーとパーツはラインナップされており、後期モデルでも新たなデザインが用意されています。

 

 

 

この記事では、アルファード30系のモデリスタバージョンとパーツを前期モデルと後期モデルに分けてご紹介しますので、同じモデリスタエアロでもデザインが変わっていることがわかると思います。

 

 

2017年5月25日「後付モデリスタエアロ」を追記しました。
2017年4月4日「モデリスタエアロキット for TYPE BLACK」を追記しました。

2019年5月22日 後期モデルをベースにしたモデリスタエアロを追記するとともに、比較による違いを追記しました。

この記事の続きを読む

アルファード 30系 SCパッケージは新車と新古車どちらがお得?試算してみた!

アルファード30系の中でも一番人気のグレードといえば2.5Lモデルの「SCパッケージ」です。

 

「SCパッケージ」の人気は前期モデルに引き続き後期モデルでも継続されています。

 

後期モデルが発売されたのが2018年1月ですので、もうすぐ1年半になろうとしています。

 

実は、この時期になっても「SCパッケージ」については未登録車である新古車が中古車市場に流通しています。

 

この記事では、アルファード30系の「SCパッケージ」について、購入する際に新車と新古車ではどちらがお得なのかを検討してみたいと思います。 この記事の続きを読む

アルファード30系 パーツ交換によるメリット・デメリット

アルファード30系のカスタム化を考える時、真っ先に思い浮かべるのはパーツ交換ではないでしょうか?

 

アルファード30系にはトヨタ公認のカスタマイズカーとしてモデリスタエアロバージョンとTRDバージョンが用意されており、パーツを選択して購入することも出来ます。

 

モデリスタもTRDも人気カスタムパーツを発売していますが、この2つ以外のカスタムパーツもたくさん発売されています。

 

カスタムパーツを交換するとカッコよくなるというメリットがある反面、デメリットもありますので、パーツ交換の際は事前によくパーツ交換のメリットとデメリットを把握しておくことが必要です。

 

実際にパーツ変更を行ってから後悔しても遅いですからね。

 

 

 

この記事ではパーツの種類ことにパーツ交換のメリット・デメリットを整理してみます。

この記事の続きを読む