アルファード30系 納車最新情報

nousha-t

アルファード30系は、姉妹車のヴェルファイアとともに発売から人気が沸騰し、かなり長い納車待ちの状況でした。

増産体制も整ったようですが、ここではアルファード30系 納車最新情報をお伝えします。

3つの秘策

アルファード30系 発売直後の状況

アルファード30系の発売直後の受注状況については、発売からおよそ1ヶ月後の2月25日時点で、月間目標販売台数3,000台に対して20,000台というすごい数字になっていました。

ということは、納車までの期間はおよそ7カ月ということになりますね。

ちなみに、ガソリン車とハイブリッド車の受注割合は2:1で、ハイブリッド車の人気の高さが窺える結果となっています。

この当時の納車はグレードによって違っていて、ものによっては半年、早いもので2~3カ月という状況だったようです。

アルファード30系の生産体制

アルファード30系は、トヨタ車体株式会社のいなべ工場で製造しています。

3月以降の登録台数を見ると、おそらく月間目標販売台数3,000台の5割増しくらいの生産体制をとっているようです。

早出、残業、休日勤務で、ラインの増設までは行っていないみたいですね。

アルファード30系 現在の納車状況

トヨタのホームページでは3カ月以上の納車期間を要するものについて「納期目処のご案内」のアナウンスをしています。

これによると、9月の段階ではアルファード30系の納車は12月以降ということだったのですが、ここにきて、「納期目処のご案内」の対象からやっと外れました。

といっても、3カ月以上の納車期間がかかることがなくなっただけで、アルファードはまだそれに近い納車期間は覚悟する必要があるようです。

ただ、新車登録台数はピークから多少落ち着いてきているようですから、そろそろ需要と生産のバランスが取れる時期を迎えるのかもしれません。


アルファード30系も、これまでのような3か月を超えるような納車待ちの時期はようやく過ぎて、そろそろ1~2か月という常識的な納車待ちの段階に移行してきているようです。

納車待ちが長いので購入をためらっていた方は、そろそろ購入を考えてもいいかもしれません。

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ