特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


「TYPE BLACK(タイプブラック)」はアルファード30系の特別仕様車ですが、この記事では「TYPE BLACK(タイプブラック)」を標準車と比較しながら、どの部分に違いや特徴があるのかをご紹介します。

 

アルファードの特別仕様車の車名については、20系まで「ゴールデンアイズ」という名称が使われれていました。

 

しかし、30系アルファードではの特別仕様車の名称が「ゴールデンアイズ」ではなく「タイプブラック」として発売されました。

 

名称の通り、随所に「黒(ブラック)」を意識したパーツが使われているところが特徴です。

 

早速、ベース車との違いを見ていきましょう。

3つの秘策

アルファード30系 特別仕様車とベース車の違い

 

名称の違い

 

アルファード30系の特別仕様車は次の2つの車種が対象となっており、名称についても変更となっています。

 

【3500cc】

 

ベース車 特別仕様車
 SA  SA“TYPE BLACK”

 

 

 

【2500cc】

 

ベース車 特別仕様車
S“A パッケージ S“A パッケージ・TYPE BLACK”

 

 

 

エクステリアの違い

 

ベース車と特別仕様車の違いをエクステリアについて見ていきますが、対象は次の5箇所となっています。

 

  • フロントグリル
  • フロントエンブレム
  • フロントフォグランプ
  • ホイール
  • バックドアガーニッシュ

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

フロントグリルの違い

 

ベース車 特別仕様車

 

特徴的な形状をした30系アルファードですが、このグリルについても特別仕様車としての差別化が図られています。

 

変更点は「メッキ」です。

 

ベース車のフロントグリルはシルバーのメッキが施されていたものでしたが、特別仕様車のタイプブラックでは、「スモークメッキ」が施されています。

 

シルバーからガンメタぽい色に変更になるだけで、精悍さが増したように感じられます。

 

フロントエンブレムの違い

 

ベース車 特別仕様車

 

フロントエンブレムも変更点の対象です。

 

フロントグリルの中央上部に設置されているフロントエンブレムですが、「シルバー」から「ゴールド」に変更となっています。

 

フロントグリルがスモークメッキに変更されることによりゴールドに変更されたフロントエンブレムが際立っています。

 

フロントフォグランプの違い

 

ベース車 特別仕様車

 

フロントバンパーの左右に設置してあるフォフランプについても変更の対象となっており、ベース車の「メッキガーニッシュ」から「ダークメッキガーニッシュ」へと変更されています。

 

上記「フロントグリル」「フロントエンブレム」「フロントフォグランプ」の3点は30系アルファードの顔そのものですから、この3点が変更されただけでも見かけ上大きなインパクトを与えていますね。

 

ホイールの違い

 

ベース車 特別仕様車

 

ホイールに関しても変更が加えられています。

 

ホイール形状については変更はありませんが、シルバーのアルミに高輝度塗装が施されることでフロント部分のスモークメッキとマッチしています。

 

バックドアガーニッシュ

 

ベース車 特別仕様車

 

バックドアガーニッシュについても「スモークメッキ」が施されています。

 

 

インテリア(内装)の違い

 

インテリアの違いについては、次の3点となります。

 

  • ルーフヘッドライニング
  • シート表皮
  • ステアリング

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

 

(1)ルーフヘッドライニング

 

ベース車 特別仕様車

 

社内の天井部分に設置されているルーフヘッドライニングが「ライトグレー」から「ブラック」に変更されています。

 

上記の画像ではわかりにくいかもしれませんが、ピラーやアシストグリップもブラックとなっています。

 

この変更で社内の雰囲気の明るさは軽減されてしまいますが、落ち着きを求める方には丁度良いでしょう。

 

 

(2)シート表皮

 

ベース車 特別仕様車

 

シート表皮については、生地が変更となっています。

 

ベース車の「ファブリック」から「ウルトラエード(バーフォレーション)+クロコ基調合成皮革」に変更となっています。対象は「2.5L」のみです。

 

ベース車のファブリックについてはアルファードに採用される素材だということで、触り心地や座り心地が良いを評判でした。

 

このシート生地が特別仕様車であるタイプブラックでは変更されているのです。

 

シート生地が「ファブリック」から「ウルトラエード(バーフォレーション)+クロコ基調合成皮革」に変更されることで、通気性がよくなり、ムレ防止の機能を果たしているようです。

 

ただ、シート表皮の中央部分には小さな穴が空いたように見えるのですが、これは単なるデザインとのことです。

 

特別仕様車(タイプブラック)のシートですが、肩口部分が茶色ぽく見えます。

 

しかし、実際には下記のような模様が入っています。

 

 

爬虫類の表面をイメージしたデザインですね。

 

正直、ちょっと安っぽさを感じてしますのは筆者だけでしょうか。

 

以前、トヨタではシート開発に対して非常に時間とコストをかけていると聞いたことがあります。

 

そう考えると、トヨタではテストを繰り返し、その結果採用された素材がファブリックということです。

 

そんなファブリック素材を変更するということは、「ウルトラエード(バーフォレーション)+クロコ基調合成皮革」はファブリック以上に優れているということなのかもしれませんね。

 

(3)ステアリング

 

ベース車 特別仕様車

 

ステアリングについては、本皮巻き4本スポークについては変更はなく、ステアリング上部と下部の一部に「黒木目調」が施されています。

 

ただ、この変更については好みの問題ですが、もともとブラックカラーのステアリングなので、そのままでも良かったのではと個人的には思います。

 

ちなみに、このステアリングはタイプブラックだけに使われているのではなく、3.5Lの「SA“Cパッケージ”」と2.5Lの「S“Cパッケージ”」にも使われています。

 

言い方を変えれば、3.5Lの「SA“Cパッケージ”」と2.5Lの「S“Cパッケージ”」に標準装備されていたステアリングをタイプブラックに装備したということになります。

 

 

ユーティリティの違い

 

ユーティリティの違いについては、次の3点となります。

 

  • パワーパックドア
  • アクセサリーコンセント
  • スマートキー

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

(1)パワーパックドア

 

ベース車 特別仕様車
 ー

 

パワーパックドアについては、ベース車には設定されていませんしたが、特別仕様車のタイプブラックについては挟み込み防止機能付きのパワーバックドアが標準で設置されています。

 

 

(2)アクセサリーコンセント

 

ベース車 特別仕様車

 

アクセサリーコンセント(AC100V・100W/1個)については、メーカーオプションだったものが標準装備となっています。

 

 

(3)スマートキー

 

ベース車 特別仕様車

 

スマートキーについては、スマートキーのシルバー部分に専用のゴールド加飾が施されています。

 

そして、タイプブラックに採用されているスマートキーですが、「ウェルカムパワースライドドア」に対応しているのです。

 

ベース車にはオプションとしても用意されていなかったものが、特別仕様車であるタイプブラックで採用されて、付加価値を高めていることになります。

 

ちなみに、「ウェルカムパワースライドドア」とは、スマートキーに予約することで、スマートキーが車に近づくと、自動的にロックを解除してドアをオープンさせる機能です。

 

 

その他の違い

 

その他の違いについては、次の5点となります。

 

 

    • インサイドドアハンドル
    • フルオートエアコン
    • ナノイー
    • 収納
    • ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

     

  • それぞれについて見ていきましょ

 

 

(1)インサイドドアハンドル

 

インサイドドアハンドルのメッキがフロントのみだったものが、フロントだけでなく、リアも対象になりました。

 

(2)フルオートエアコン

 

2.5L車が対象となりますが、オプションでも設定されていなかった排気ガス検知式内外気自動切り替えシステム付きのフルオートエアコンが標準装備となりました。

 

(3)ナノイー

 

これも2.5L車が対象となりますが、フロントのみだったナノイーがフロントだけでなくリアも対象となりました。

 

(4)収納

 

これも2.5L車が対象なりますが、スタンダードコンソールボックスが装備されていたものが、木目調のハイグレードコンソールボックスが装備されます。

 

(5)ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

 

2.5L車にはオプション設定だったものが標準装備となりました。

 

 

特別仕様(タイプブラック)の評判

 

  • 「ウルトラエード(バーフォレーション)+クロコ基調合成皮革」のシートの乗り心地は凄く良かったです。合成皮革部分が最初こそ違和感を感じたものの時間とともに慣れました。エクステリア、インテリアともにブラック基調が施されていますが、インテリアのブラック基調は質感が高く感じました。

 

  • 「フロントグリル」「フロントエンブレム」「フロントフォグランプ」などはベース車との差別化が欲しい人には良いと思いますが、正直単体で見ているとそれほど違いは感じません。並べると違いを感じられるレベルです。特別仕様車にはパワーパックドアが採用されていますが、自動で開閉することは便利な反面、後方スペースを良く確認した上で操作しないと大きな代償を支払うことになります。

 

  • 販売店によって販売力の差があることはわかっているものの、ディーラーに聞くとタイプブラックは思ったほど売れていないもよう。売れない原因については、「クロコ調シートが原因では?」「車内が暗いから購入を見送った!」「アルファードに関しては法人需要が高いからでは?」などの意見がありますが、なかでも、「クロコ調シード」についはあまり評判が良くないようですね。

 

 

アルファード30系 特別仕様車(タイプブラック)の中古車(2019年5月24日現在)

 

2019年5月24日現在の「タイプブラック」の中古車を2500CCモデルと3500CCモデルに分けて安い価格ベスト10をご紹介します。

 

【2500cc S Aパッケージ タイプブラック】

 

車両価格 走行距離
324.0万円 7.4万km
329.9万円 3.9万km
335.0万円 6.2万km
335.8万円 3.7万km
338.8万円 3.7万km
339.9万円 2.3万km
339.9万円 2.6万km
349.9万円 1.0万km
349.9万円 2.2万km
349.9万円 2.9万km

 

今回調査した安い価格ベスト10の価格帯は「324.0万円

から349.9万円」でした。

 

価格差は約26万円。

 

走行距離については、「1.0万kmから7.4万km」ですが、概ね3万kmとなっています。

 

 

【3500cc S A タイプブラック】

 

車両価格 走行距離
329.0万円 4.7万km
383.8万円 3.4万km
399.0万円 1.2km

 

2500CCモデルとはことなり、3500CCモデルは中古車市場ではあまり流通していないようです。

 

というよりも、3500CCモデルはそもそもあまり売れていないのかもしれませんね。

 

在庫数はたったの3台です。

 

 

 

価格相場としては、400万円あれば購入できる状況のようです。

 

 

もし、特別仕様車の中古車・新古車をお探しの場合は、希望する条件の車を見つけやすい下記のサービスを使ってみるのもオススメです。

 

>>> 【ズバット】中古車無料お探しサービス

 

新車でアルファードの購入を考えているのであれば、
続けて下記に目を通して見て下さい。

↓↓

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて3年が経過し、2018年はじめにはビックマイナーチェンジが行われました。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法