アルファード30系 ドレスアップのポイントと効果的パーツ

dressup-t

アルファード30系は完成度の高い車で、ノーマルでも十分にドレッシーです。

また、エアロモデルも標準で用意されていますので満足されている方も多いことでしょう。

 

しかし、市販のエアロパーツでドレスアップすると見違えるように見栄えが変わります。

愛車を自分好みのドレスアップして乗るのもいいものです。

ここでは、エアロやホイールなどの本格的なカスタム化を除いた、アルファード30系 ドレスアップのポイントと効果的パーツをご紹介しましょう。

3つの秘策

アルファード30系のステアリングホイール

アルファード30系のステアリングホイールですが、標準モデルでは4本スポークの本革巻きですが、高級グレードはダッシュボードの木目調パネルと同色の木目が上下に入るデザインとなっています。

あえてステアリングホイールを交換するならSilkBlazeのステアリングホイールもオススメです。

SilkBlazeのステアリングホイールの素材はパンチングレザーでガングリップタイプです。

もちろん純正エアバッグを使用可能です。

 

思い切ってイメージを変えるならLUNAのステアリングホイールはどうでしょう。

黒木目×ロッソコルサレッドと特徴的です。

ただ残念ながら上級グレードに装着されているステアリングヒーターには対応していません。

でもドレスアップの効果は抜群です。

アルファード30系の車内用イルミネーション

アルファード30系にはLEDのルーフカラーイルミネーションが装着されています。

しかし、車内の特に夜の雰囲気を変えようと考えているのであれば、イルミネーションの追加も選択肢の一つになります。

足元に関しては、前後席の足もとを照らすインテリアイルミネーションは純正アクセサリーでも提供されていますので、ドアの開閉に連動して室内空間を光で演出してくれます。

dressup-01

また、純正のルーフカラーイルミネーションに装着して独自の効果を出すサードパーティのアクセサリーも提供されています。

これは、コントローラーを取り付けることで、点灯色を5分ごとにランダムに変更するというものです。

dressup-02

アルファード30系のエクステリア

アルファード30系のエクステリアといえばエアロやフロントグリルに目がいきますが、いろんなアクセサリーでドレスアップが可能です。

これは純正のフォグランプ回りのガーニッシュ、フォグランプを派手に演出してくれますし、LEDのイルミネーションランプがいいですね。

dressup-03

これもノーマルボディ車、エアロボディ車ともフォグランプ回り、フォグがシャープに見えます。これもLEDのイルミネーションランプが付いています。

dressup-04

アイラインに手を入れるのも悪くありません。

これはアイラインガーニッシュ、そう高いものではありませんが、フロントライトの雰囲気が随分変わりますね。

アイラインフィルムも出ているようです。これは何といっても安価ですし、値段を考えると効果はとても大きいと言えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【松印】アイラインフィルム アルファード H10 後期 タイプ2
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/6/4時点)


アルファード30系のアクセサリーパーツは10系、20系に比べればまだまだ少ないのですが、それでもさがせばいろんなパーツが見つかります。

本格的なカスタム化もいいのですが、こうしたパーツを使って、自分だけのこだわりのアルファードにするのもいいかもしれません。

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ