特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファード30系のマフラーは純正では全く自己主張しないデザインになっていますから、カスタム化を考えると、マフラー交換も視野に入ってきます。

 

なかでもモデリスタマフラーは評判のようです。

 

ここでは、このアルファード30系モデリスタマフラーの口コミをまずチェックしましょう。

 

そして、アルファード30系マフラーをスポーツマフラーに交換した場合のメリット・デメリット、気になる燃費性能がどうなるかをチェックしておきましょう。

 

まず最初はアルファード30系の純正マフラーの確認からはじめます。

3つの秘策

アルファード30系の純正マフラー

 

muffler-01

 

アルファード30系の純正マフラーは1本出しで、先端部分が斜めにカットしてあって、この状態では外観には全く寄与していない状態です。

 

 

アルファード30系モデリスタマフラーと口コミ

 

外観にはあまり寄与しないアルファード30系の純正マフラーですが、カスタムパーツとしてモデリスのタマフラーが話題のようです。

 

ここでは、アルファード30系モデリスタマフラーがどういうものかを確認し、口コミで評価をチェックしておきましょう。

 

 

  1. アルファード30系モデリスタマフラーとは
  2. アルファード30系モデリスタマフラーの口コミ

 

 

アルファード30系モデリスタマフラーとは

引用元:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/aerobody/

 

これがアルファード30系モデリスタマフラーです。

 

リヤスタイリングキットAといって、「リヤスカート」と「スポーツマフラー」がセットになっています。

 

このリヤスカートが前提なので、エアロボディでないと装着不可です。

 

ちなみに価格は素地が102,300円で、 塗装済みが110,000円、スモークメッキ塗装が115,500円です(いずれも税込み)。

 

ちなみに外観が同じでマフラーカッター仕様が下の写真です。

 

引用元:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/aerobody/

 

価格は素地が71,500円、塗装済が80,300円、スモークメッキ塗装が85,800円ですから、3万円程度安くなっています。

 

スポーツマフラー装着の動機の大きなものが音の改善ですので、参考までに動画で紹介しておきます。

 

 

 

 

 

アルファード30系モデリスタマフラーの口コミ

 

アルファード30系モデリスタマフラーの口コミを音、走行性能、そしてマフラーカッター仕様と比較してどうなのかをチェックしておきましょう。

 

モデリスタマフラーの音

 

アルファード30系モデリスタマフラーの口コミを見てみます。

 

  • 発進時と加速時だけ、そう大きくはないが低音が遠くで響く感じ。
  • 運転席では気にならないものの、2列目以降の室内の音は大きくなるが、静粛性が多少犠牲になるレベルで、爆音という種類のものではない。
  • エンジンが冷えてる時や発進時などは低音が結構響くが、それ以外は多少ノーマルより音が大きいか同等。
  • 音はノーマルかと思うレベルで、全く気にならないが、逆に期待していると後悔するかも。
  • せっかくスポーツマフラーにしたのに音が変わらないというクレームもあるらしい。

 

 

口コミみると、それなりにうるさいという声がある一方で、ノーマルと大して変わらないという両方の意見がありました

 

一般的な社外品ほど大きく音が変わるわけではありませんが、多少はうるさいようですね。

 

 

モデリスタマフラーの走行性能

 

アルファード30系モデリスタマフラーの走行性能に関しては、性能アップとの口コミもあったのですが、あまり変わらないという意見が大勢でした。

 

  • 体感上は走行性能が変わらない。
  • 3.5Lの場合は、エンジンの抜けがよくなり、加速感の変化もわかる。
  • ノーマル車を試乗したが、それと比較しても走行性能面で違いは感じない。

 

 

マフラーカッター仕様と比較して

 

アルファード30系モデリスタマフラーとマフラーカッター仕様はよく似ています。

 

  • マフラーが本物の方が見た目も高級感が違う。
  • マフラーカッター2本出し部分の片側は、よく見るとダミーと分かるが、それに気が付く人はまずいない。
  • 見た目だけでスポーツマフラー仕様にするなら、価格的に少し高いかなと思う。
  • 見た目だけならマフラーカッターで十分。
  • 知人が駐車場の輪止めに引っ掛かってマフラーカッターが外れたことがある。

 

よく見れば違いが判るのですが、価格差を考えると悩ましいところのようですね。

 

 

アルファード30系マフラー交換のメリット・デメリット

 

アルファード30系のマフラーを本格的にいじるとなるとマフラー交換の検討は避けられないでしょう。

 

ここでは、アルファード30系のマフラー交換のメリット・デメリットを押さえておきましょう。

 

  1. アルファード30系マフラー交換のメリット
  2. アルファード30系マフラー交換のデメリット

 

アルファード30系マフラー交換のメリット

 

アルファード30系のマフラー交換のメリットには次のようなものがあります。

 

動力性能の向上

 

マフラーというのは、吸気系からエンジン、出力系と車の根幹部分をなす重要なパーツで、その良し悪しは動力性能に大きな影響を与えます

 

しかも、マフラーは騒音を抑制する機能があって、市販車は騒音を抑えることも重要ですから、多少動力性能は犠牲にしても、騒音抑制効果の大きいマフラーを採用しています。

 

この特性を動力性能重視に振ってやれば、出力アップを図ることができるのです。

 

エキゾーストノートの改善

 

これは騒音と紙一重なのですが、排気音を自分好みのものに変えることが可能です。

排気音を奏でながら運転することに無上の喜びを感じる方も多いのです。

 

ドレスアップ効果

 

一番大きいのはドレスアップ効果でしょう。

 

マフラーカッターもいいのですが、これは純正マフラーに取り付けるという制約があります。

 

マフラー交換なら、大口径マフラーや2本出し、4本出しとデザイン面での自由度も高くなるのです。

 

アルファード30系用4本出しマフラー
muffler-03

 

 

アルファード30系マフラー交換のデメリット

 

ドレスアップ面でのデメリットはありません

 

動力性能向上については、確かにマフラー交換すると最高出力は上がります。

 

ただ、車を開発する場合はマフラーの特性も含めてチューンナップしてあるのが普通です。

 

だから、車全体のセッティングをいじらずにマフラーだけを交換しても、動力性能全体から見ればデメリットの方が大きいとされています。

 

一般的には最高出力は上がるものの低速トルクが無い扱いにくいエンジンになり、燃費も悪化すると言われています。

 

また、騒音抑制効果を犠牲にしている場合が多いので、自分がエキゾーストノートを楽しむ分にはいいのですが、一般の方から見ればはた迷惑に映る可能性があります

 

ただ、純粋な社外品でなくモデリスタを選んだ場合は、車のセッティングは織り込み済みですし、アルファードにそぐわない騒音はさすがにないものと思われます

 

スポーツマフラーは1セットで10万円前後、工賃も比較的安いパーツですので、ドレスアップに限れば、費用対効果の高いカスタム化と言えます。

 

動力性能や騒音については、測定データを公表しているメーカーもありますので、そういうものも参考にしながら検討してみるといいかもしれません。

 

 

アルファード30系モデリスタマフラー交換で燃費性能は

 

アルファード30系モデリスタマフラーに限らず、スポーツマフラーに交換すれば燃費もパワーも良くなるという話があるのは事実です。

 

純正マフラーは適度な排気抵抗により、エンジンの吸排気性能のバランスを整えて充填効率を高め、低中速トルクを太らせて走りやすくしたり、燃費を向上させたりしています。

 

たいていのスポーツマフラーはこのバランスを高回転側に振って、ピークパワーを高めたり、高回転域の伸びを確保することになります。

 

社外品ほど極端ではありませんが、アルファード30系モデリスタマフラーも高回転域の抜けの代償で多少なりとも低回転トルクが減少するようです。

 

この場合、一般的にはアクセル開度が上がってしまうので、燃費的にはプラスかマイナスかと言えばマイナスになります。

 

もちろん、モデリスタのマフラーですから、エンジン特性なんかも熟知していますので、目に見えて燃費が悪化することは考えにくいとは思います。

 

 

簡単にすませるならマフラーカッターはおすすめ

 

マフラーカッターは単にマフラー先端部に装着するだけですから、マフラー交換のような悪影響はほとんどありません。

 

これはモデリスタのエアロと同時装着用のマフラーカッターはすでに紹介しましたが、2本出しマフラーのように見え、存在感をアピールしています。

 

純正以外でもさがせばいくつか見つかります。

 

モデリスタのようにエアロ前提ではありませんし、ノーマルボディでも装着可能です、

 

たいていの場合はステンレスでピカピカに光って、存在感を打ち出す仕上げになっています。

 

 

 

 

まとめ

 

アルファード30系モデリスタマフラーはエアロと一体ですから、統一感のああるデザインはなかなかです。

 

音に関しては多少大きくなるレベルですが、高回転域での抜けなどのエンジン性能のアップは顕著ではないようです。

 

基本的にスポーツマフラーは見た目と音で選ぶものですから、アルファード30系モデリスタマフラーはカスタム化の候補としての資格は十分なようです。

 

あとは、同じくモデリスタから提供されているマフラーカッター仕様との比較ですね。

 

スポーツマフラー仕様はエンジン性能アップに極端に振っていないので、燃費悪化などは気にならないと思いますが、マフラーカッターにはこうしたデメリットはありません。

 

モデリスタのスポーツマフラーにするか、マフラーカッター仕様にするか、性能の違いが顕著な純粋な社外品にするのか、悩ましいところですね。

 

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて6年が経過し、2018年にはビックマイナーチェンジが行われました。来年にはフルモデルチェンジが噂されています。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法