特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファード30系は2015年に前期モデルが発売開始され、2018年1月から後期モデルが発売開始されました。

 

前期モデルが登場した時も大人気だった30系アルファードですが、マイナーチェンジにより更に磨きがかかったフロントマスクへと変更されたこともあるのか、相変わらず売れ行き好調のようです。

 

そんな、アルファードの購入を考える時に気になるのがユーザーの評判なのではないでしょうか。

 

この記事では、実際にアルファード30系の口コミ・評価情報を後期モデルを中心に前期もモデルも交えてご紹介します。

 

3つの秘策

スタイリングに関する口コミ・評価

 

kuchikomi-styling

 

《2.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 2.5S Cパッケージ
  • モデリスタエアロとシグネチャーイルミブレードを付けましたが前期モデルと比べて後期型の方が似合っていると思います。
  • 思わず一目惚れです。後期モデルのフロントマスクはかっこいい。
  • 前期モデルと比べてフロントグリルはより立体的になりインパクトは抜群である反面、洗車は大変そうです。
  • エクステリアに関しては好みですが、モデリスタエアロを装着することで満足度は更に向上しました。
Executive Lounge 4WD
  • 前期モデルから後期モデルに乗り換えました。前期モデルの顔つきも気に入っていましたが、比べると後期モデルの方が好みです。
2.5X
  • 前期モデルと比較して随分かっこよくなったと思います。個人的には20系のフロントが好きだったので前期モデルよりも後期モデルの方が好みです。
S Aパッケージ
  • 後期モデルはメッキパーツが多すぎるとも言われていますが、デザインは気に入っています。前期モデルではアルファードよりもヴェルファイアが好みでしたが、後期モデルになってアルファードが好みになり、アルファードを購入しました。特に3眼ヘッドライトはかっこいいです。
  • エアロボディを購入しましたが、かなり迫力があります。落ち着きをもとめるのならノーマルボディの方が落ち着いており高級感を感じられるかも。

 

 

《3.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 3.5 Executive Lounge
  • アルファード30系に関してはどのグレードを選んでもエクステリアの満足度は高いと思います。ただし、カスタムパーツのノーマルタイプとエアロタイプで見かけは違うので好みのタイプを選べば良いと思います。
 Executive Lounge S
  • ムーンルーフは必要ないというより、付けないほうが良いと思います。理由は、アルファードの欠点だと思うのが天井に重いものを乗せると2列目、3列目の乗り心地が悪くなるからです。また、洗車も面倒になるので私は必要ないと感じています。
3.5SC
  • 好き嫌いがあるデザインであるものの、前期モデルで感じていた腰高感が後期モデルになって若干解消されたような気がする。

 

 

 

 

燃費に関する口コミ・評価

 

《2.5リッター》

 

kuchikomi-25

 

《2.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
3.5 Executive Lounge
  •  高速走行でアクセルのオンオフを極力減らして運転したところ、燃費は13km/Lでした。
  2.5S Cパッケージ
  • 下道中心で約9.2km/Lでしたが思ったよりは伸びてくれたと思っています。
  • 遠乗りを含めて3千km走行しての平均燃費は約8.5km/Lなので、街乗りベースだともっと悪化すると思います。
  • 街乗り10km/L程度は期待していたのですが、自分の運転が荒いのか思ったより燃費は悪い結果となりました。
  • アルファードだと考えると悪くないと思いますが、エコモードだと街乗りで6~7km/L、高速で11~12km/Lです。
Executive Lounge 4WD
  • 燃費を気にするなら購入出来ない車だと思います。
2.5X
  • 燃費に関しては市街地走行で「10~14km/L」、高速道路の法定速度無いで「14~16km/L」です。

 

 

走行性能・動力性能に関する口コミ・評価

 

アルファード30系のサスペンションは前輪は定番のストラットですが、後輪はダブルウィッシュボーンを採用していて、20系のトーションビームから比べると大きな進化といえます。

 

kuchikomi-dwb

 

 

《2.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 2.5S Cパッケージ
  • 前車は30系アルファード前期モデルのハイブリッドでしたが、今回はガソリンに変更しました。ハイブリッドと比べると滑らかに加速するように感じます。ただ、エンジンパワーの必要な登板や加速時にはエンジンは唸りを上げるものの下道ベースで走行するには特に問題はありません。
  • ミニバンということで、カーブでは若干ロールはありますが、他のミニバンと比べればロールは少ないように感じます。
  • アクセルを踏めばそれなりの音は室内で感じますが、それほど気にならないです。
  • 低速走行している時に不満はありませんが、加速時に3500回転以上の回転数になるとエンジン音を感じやすくなります。ただ、アクセルを踏むとそれなりの加速が得られるのでパワー不足は感じません。
  • 下道走行だと信号で停まることが多く、正直だるく感じます。ただ、高速走行では回転数も低く快適です。
  • 車体の大きさと車重の重さが影響響しているのか登板は弱さを感じるものの、ミニバンと考えると悪くはないです。
  • 2.5Lということもあり止まっている状態からの始動時や登板時、高速での合流時はもたつきを感じます。もし資金面に余裕があるようならV6の3.5Lをおすすめします。
  • 運転席は若干ふわふわ感を感じます。2列目は同乗者に聞くと満足するレベル、3列目は足元は広いものの3人乗車はキツイレベルです。
2.5 X
  • 2.5Lのためパワー不足を予測していましたが、法定速度内で走る分には全く不満はありません。
  • 3.5Lモデルからの乗り換えですが、高速道路も含めて法定速度内で走る分では不満はありません。ただ、エンジンパワーが必要な登板や追い越し時にはパワー不足を感じます。
  • 300kg程度の荷物を乗せることが多いですが、前車の3.5Lのときには気になっていたのが気にならなくなった。十分静かでパワー不足も感じないので今後3.5Lを購入することはないでしょう。
  • 正直、ブレーキ性能の向上には驚きました。前車の20系の時にはアクセルを踏み込むことが怖かったですが、30系はセダンのような制動力があります。
Executive Lounge 4WD
  • ハイブリッドが人気ですが、ハイブリッドは必要ないと感じました。理由は、モーターが稼働するのは速度が60km/L以下の時ですが、ハイブリッド車は車重が重いのでバッテリー消費が早い。燃費が街乗りでは9~10km/Lなのであえてハイブリッド車を選択するメリットをあまり感じないです。
S Aパッケージ
  • 気のせいかもしれませんが、エンジン音がうるさくなったように感じます。全モデルと比較してエンジン音が車内で感じられるようになりました。
  • 前モデルと比較すると足回りのセッティングが固くなり、ボディ剛性も上がったからか、路面の凹凸や振動を感じるようになりました。しかし、悪いことばかりではなくふわふわ感が減りしっかりとした乗り心地になりました。

 

 

《3.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 3.5 Executive Lounge
  • ミニバンの弱点といえば車高が高いことで生じるハンドルを切った時のふらつきですが、アルファードに限っては心配不要です。高速道路で本線に合流するときもふらつきがないのでしっかりと路面を捉えているため安定しています。
3.5SC
  • 2.5Lのハイブリッド車と比較してみると、中高速域だとガソリン車の方が楽に運転出来るが、比較スピードの遅い街乗りだとハイブリッド車の方が乗りやすい。
  • 走行性能に関しては、2.5HVの方が重心が低いためかコーナーを曲がる時に安定性がある感じがする。

 

 

 

内装に関する口コミ・評価

 

kuchikomi-naisou

 

 

《2.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 2.5S Cパッケージ
  • 高速走行でアクセルのオンオフを極力減らして運転したところ、燃費は13km/Lでした。
  • 前車は同じアルファードの「S RCパッケージ」でシート素材は本革でしたが、今回は合皮を選択しました。印象としては、合皮になって触り心地は柔らかくなり、滑りやすくなたちように感じます。
  • さすが高級車と感じる豪華さを感じます。
  • シートは合皮ですが、かなりの高級感が感じられます。オーナーである自分以外にも同乗した人の感想も凄いという言葉が返ってくるほどのクオリティです。
Executive Lounge 4WD
  • 後期モデルはステアリングヒーターがついているので冬場の室内が寒い時期は重宝しています。 ただ、インテリアで残念なのが右下にある小物入れです。なんといってもチープで残念です。
S Aパッケージ
  • 「S Cパッケージ」と悩みましたが、子供が小さいこともありシートアレンジを頻繁におおなうこともありこのグレードを選びました。
  • 内装はフラクセンからブラックに変更されましたが汚れが目立つようになりました。全モデルのフラクセンのほうが明るい内装で高級感も感じられます。
Executive Lounge
  • 内装にかんしては最先端だと思う。

 

 

《3.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 Executive Lounge S
  • アルファードの特徴でもある広い2列目ですが、その分シートアレンジが悪くなります。3列目は簡単に畳んで跳ね上げることが出来る一方で2列目のリクライニングと干渉し可動域が狭まります。
3.5SC
  • SR(リラックスキャプテンシート)からSC(エグゼクティブシート)に変わり使い勝手を心配していましたが問題ありませんでした。

 

 

 

その他の口コミ・評価

 

kuchikomi-naisou

 

 

《2.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
 2.5S Cパッケージ
  • 注文してから納品されるまでの納期は3.5ヶ月でした。
  • 前期モデルと同様に助手席と2列目の乗り心地は最高です。運転席に関しては、後期モデルになってベンチレーションがついたので快適です。
  • 乗り心地ですですが、とても静かで、車外の音はほとんど入ってきません。
  • 乗り心地は眠くなるほど快適です。ただ、1列目と比較すると、2列目と3列目の乗り心地は悪くなるようです。一番乗り心地が良いのは助手席のような感じがします。
 Executive Lounge 4WD
  • 乗り心地ですが、想像していたよりもロードノイズが車内に入ってきます。そして、波打つような車の動きが不快に感じます。
2.5 X
  • 乗り心地に関してですが、後輪にダブルウィッシュボーンが採用されているメリットは感じません。

 

 

《3.5リッター》

 

グレード 口コミ・評価
Executive Lounge S
  • 足回りは前輪がマクファーソンストラッド、後輪がダブルウィッシュボーンですが、2列目、3列目の後部座席では揺れるので、乗り心地は良くないです。
3.5SC
  • 乗り心地が悪いとは思わないが、ふわふわ感が残っている感じ。

 

 

 

まとめ

 

当然といえば当然ですが、一番の売れ筋グレードである「 2.5S Cパッケージ」に関する口コミ・評価情報が多かったですね。

 

そして、大人気の30系アルファードを購入されたオーナーの口コミなので好意的な意見が多いと思っていたものの、以外にも悪い評価をされている意見が目についたことです。

 

とはいっても、全般的な印象は気に入っている項目が多いのは間違いなさそうです。

 

今後も随時更新していきます。

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて3年が経過し、2018年はじめにはビックマイナーチェンジが行われました。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法