特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファードにはトヨタ認定のコンプリートカー(カスタマイズカー)として「TRD」と「モデリスタ」がラインナップされています。

 

また、コンプリートカーだけでなくパーツも発売されており、車検の心配をする必要がなく、自分だけのかっこいいデザインが手に入るのも受けているところだと思います。

 

アルファード30系についても、もちろん前期モデルのときから「TRD」と「モデリスタ」のコンプリートカーとパーツはラインナップされています。

 

圧倒的な存在感が人気の後期モデルでも新たなデザインが用意されています。

 

この記事では、アルファード30系の「TRDバージョン」と「モデリスタバージョン」を、特にエアロの面から、前期モデルと後期モデルそれぞれ紹介します。

 

そのうえで、どっちのエアロが人気でかっこいいかをチェックします。

 

エアロをカスタム化したいけど、「TRD」と「モデリスタ」、どっちがいいんだろう。

 

そんな悩めるあなたの参考になれば幸いです。

3つの秘策

目次

アルファード30系 後期モデルの「TRD」と「モデリスタ」エアロ

 

ここでは、アルファード30系 後期モデルの「TRD」と「モデリスタ」のエアロをチェックしましょう。

 

  1. 「TRD」のエアロパーツ
  2. 「モデリスタ」のエアロパーツ
  3. アルファード30系 後期 「TRD」「モデリスタ」 どっちがかっこいい

 

「TRD」のエアロパーツ

 

アルファード30系 後期モデルの「TRD」のドレスアップパーツは、「エアロボディー」と「ノーマルボディ」に分けてラインナップされています。

 

「TRD」のエアロボディ用エアロパーツ

 

引用元:https://www.trdparts.jp/product/alphard/customize/index.html

 

「TRD」のアルファード30系 後期モデルエアロボディ用のエアロです。

 

「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー」を装着したものです。

 

素地を活かしながら全体的に迫力がアップしています。

 

リアの4本出しのマフラーがいいですね。

 

これはハイレスポンスマフラーで、見かけだけじゃなくて本当に4本出しです。

 

パーツ個々の価格は以下のとおりで、エアロパーツセットも用意してありますが、価格はパーツ代を合計したもで、セットだから安いということはありません。

 

  • 「リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー」との3点セット

378,400円(LED付+38,500円 塗装済+17,600円)

 

  • 「リヤバンパースポイラー」との3点セット

213,400(LED付+38,500円 塗装済+17,600円)

 

パーツ 画像 価格
フロントスポイラー 66,000円

LED付+38,500円

塗装済

+5,500円

サイドスカート 86,900円

塗装済

+6,600円

リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー 225,500円

塗装済

+5,500円

リヤバンパースポイラー 60,500円

塗装済

+5,500円

 

 

「TRD」のノーマルボディ用エアロパーツ

 

引用元:https://www.trdparts.jp/product/alphard/customize/index.html

 

「TRD」のアルファード30系 後期モデルノーマルボディ用のエアロです。

 

これも「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー」を装着したものです。

 

方向性としてはエアロボディと同じですね。

 

特にノーマルボディの方が迫力アップの度合いが大きいような気がします。

 

パーツ個々の価格、セット価格ともエアロボディ用と同じです。

 

  • 「リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー」との3点セット

378,400円(LED付+38,500円 塗装済+17,600円)

 

  • 「リヤバンパースポイラー(マフラーなし)」との3点セット

213,400(LED付+38,500円 塗装済+17,600円)

 

パーツ 画像 価格
フロントスポイラー 66,000円

LED付+38,500円

塗装済

+5,500円

サイドスカート 86,900円

塗装済

+6,600円

リヤバンパースポイラー&ハイレスポンスマフラー 225,500円

塗装済

+5,500円

リヤバンパースポイラー 60,500円

塗装済

+5,500円

 

 

「モデリスタ」のエアロパーツ

 

アルファード30系 後期モデルの「モデリスタ」のドレスアップパーツも、「エアロボディー」と「ノーマルボディ」に分けてラインナップされています。

 

「モデリスタ」のエアロボディ用エアロパーツ

 

MODELLISTA エアロキットⅠ・Ⅱ 

 

引用元:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

 

MODELLISTA エアロキットⅢ・Ⅳ 

引用元:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

 

「モデリスタ」のアルファード30系 後期モデルエアロボディ用のエアロです。

 

ⅠとⅡ、ⅢとⅣの違いはスポーツマフラーかマフラーカッターかの違いですから外観からはほとんどわかりません。

 

Ⅰ・Ⅱ、Ⅲ・Ⅳは違うのはフロントスポイラーだけですが、値段も同じで、フロントスポイラーのデザインだけの違いです。

 

Ⅰ・Ⅱはスポイラーのブラックのアクセントがサイドまで大きく回り込んでいてダイナミックに見えます。

 

Ⅲ・Ⅳはシルバーのアクセントでセンターに突起があり、どちらかというと端正な仕上がりです。

 

「TRD」と同じでインパクトある存在感とワイド感が増していますね。

 

「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスタイリングキット(リヤスカート+スポーツマフラーORマフラーカッター)」を装着したものです。

 

パーツ個々の価格は以下のとおりで、エアロキットも用意してあります。

 

エアロキットの価格はパーツ代をバラで買うよりも少し割安になります。

 

 

  • 「リヤスタイリングキットA(スポーツマフラー)」との3点セット(232,100円(塗装済+26,400円))

 

  • 「リヤスタイリングキットA(マフラーカッター)」との3点セット(203,500円(塗装済+26,400円)

 

ちなみに、“TYPE GOLDⅡ” のものはエアロキットⅢⅣにだけ用意してあって、価格は276,100円と247,500円、いずれも塗装済みですが、多少割高になっています。

 

 

パーツ 画像 価格
フロントスポイラー 79,200円

塗装済

+8,800円

スモークメッキ

+6,600円

サイドスカート 68,200円

塗装済

+12,100円

スモークメッキ

+5,500円

リヤスタイリングキットA

(スポーツマフラー)

102,300円

塗装済

+7,700円

スモークメッキ

+5,500円

リヤスタイリングキットA

(マフラーカッター)

71,500円

塗装済

+8,800円

スモークメッキ

+5,500円

 

 

「モデリスタ」のノーマルボディ用エアロパーツ

 

MODELLISTA エアロキット for NORMAL BODY

引用元:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

 

「モデリスタ」のアルファード30系 後期モデルノーマルボディ用のエアロです。

 

ノーマルボディ用はマフラーはいじっていません。

 

フロントスポイラーの塗り絵明け部分はボディカラーがブラックの場合はツヤ消しブラック、それ以外の場合はブラックマイカだそうですが、この部分が大きいですね。

 

「TRD」と同じで、ノーマルボディ用の方がカスタム化の度合いが大きいように思えます。

 

「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスカート」を装着したものです。

 

パーツ個々の価格は以下のとおりで、エアロキットも用意してあります。

 

価格181,500円(塗装済+26,400円)で、パーツ代をバラで買うよりも少し割安になります。

 

 

パーツ 画像 価格
フロントスポイラー

 

79,200円

塗装済

+8,800円

サイドスカート

 

68,200円

塗装済

+12,100円

リヤスカート

 

48,400円

塗装済

+8,800円

 

 

 

アルファード30系 後期 「TRD」「モデリスタ」 どっちがかっこいい

 

「TRD」の場合、フロントスポイラーにLED付が選べるのでアドバンテージは大きいです。

 

ただ、迫力という面では、「モデリスタ」のMODELLISTA エアロキットⅠ・Ⅱが頭一つ抜けています

 

「TRD」や「モデリスタ」のMODELLISTA エアロキットⅢ・Ⅳはどちらかというと端正な洗練されたフォルムと言えるでしょうか。

 

サイドスカートは「モデリスタ」の方がラインが目立っていいですね。

 

リアはお金に糸目をつけなければ、「TRD」の4本出しマフラーはぜひとも欲しいですね。

 

ただ、マフラーカッターも用意してある「モデリスタ」も悪くないかもしれません。

 

アルファード30系 後期 「TRD」「モデリスタ」 どっちが人気

 

アルファード30系 後期 「TRD」「モデリスタ」 どっちが人気かは口コミでみていきましょう。

 

  • はじめはエアロはモデリスタではなくTRDにしようと決めてた。リセールバリューとイラスト写真を見るうちにモデリスタの方がかっこよく見えてきた。
  • TRDも格好いいんですが値段が高い。
  • モデリスタのエアロを装着したアルファードは街中でもよく見かけるが、TRDのエアロを装着したアルファードはあまり見かけない。
  • モデリスタの方が値引きが大きいが、売れてないのか。
  • 個人的にはモデリスタエアロが好き。でも予算の問題がある。もし予算が許すならフロントとサイドはモデリスタエアロ、リアはTRDエアロと4本出しマフラーを装着したい。

 

 

 

アルファード30系 前期モデルの「TRD」と「モデリスタ」エアロ

 

続いて、アルファード30系 前期モデルの「TRD」と「モデリスタ」のエアロをチェックしましょう。

 

  1. 「TRD」のエアロパーツ
  2. 「モデリスタ」のエアロパーツ
  3. アルファード30系前期 「TRD」「モデリスタ」 どっちがかっこいい

 

「TRD」のエアロパーツ

 

アルファード30系前期モデルの「TRD」のドレスアップパーツも「エアロボディー」と「ノーマルボディ」に分けてラインナップされています。

 

「TRD」のエアロボディ用エアロパーツ

引用元:https://www.auto-acp.com/alphard/products/trd/aero.html

 

アルファード30系前期モデルの「TRD」のエアロボディー用です。

 

純正に比べてバンパー下部のボリューム感が半端ありませんし、リアの4本出しマフラーもいいですね。

 

フロントグリルも交換してあるので、見た目が全く違っています

 

「TRD」のノーマルボディ用エアロパーツ

引用元:https://www.auto-acp.com/alphard/products/trd/aero.html

 

アルファード30系前期モデルの「TRD」のノーマルボディー用です。

 

純正に比べてバンパー下部のボリューム感が増すのはエアロボディと同じです。

 

こちらもフロントグリルも交換してあるので、見た目が全く違っています

 

リアは6本出しマフラーに見えますがダミーで、あくまでノーマルマフラー用で、マフラーに見えるのはデザインです。

 

でも、安心してください、このエアロには「TRD」自慢の4本出しマフラー用も用意されているのです。

 

 

「モデリスタ」のエアロパーツ

 

アルファード30系前期モデルの「モデリスタ」のドレスアップパーツはフロントバンパーを交換するタイプと、「エアロボディー」、「ノーマルボディ」に分けてラインナップされています。

 

モデリスタ エアロツアラーキット

 

modellista-01

 

アルファード30系 モデリスタ エアロツアラーキットは純正バンパーと交換するフロントスポイラーバンパーとサイドステップ、リアアンダースポイラーの3点セットです。

 

フロントスポイラーバンパーはグリルまで交換するもので、特にライト下のボリュームが効いていて、実にグラマラスなフォルムとなっています。

 

 

 

 

バンパー交換式なので、エアロボディ、標準ボディいずれでもいけます

 

写真はミラーガーニッシュ、フェンダーガーニッシュも付いていて、19インチにインチアップしてローダウン(車高調整)してあるようです。

 

上記以外に下記の4つのオプションが用意されています。

 

  • クールシャインキットプレミアム(※)
  • ローダウンスプリング
  • 19インチアルミホイール&タイヤセット(2種類)
  • 18インチアルミホイール&タイヤセット

※ クールシャインキットプレミアムには

  • フェンダーガーニッシュ(メッキ・カーボン)
  • ミラーガーニッシュ(メッキ)
  • バックドアガーニッシュ(メッキ)

 

が3点セットとなっていますが、単品での購入も可能です。

 

モデリスタエアロキット for AERO BODY

 

modellista-02

 

アルファード30系のエアロボディ専用で、フロントリップスポイラーとサイドステップ、リアアンダースポイラーの3点セットです。

 

サイドとバンパー下部のボリューム感が何とも言えませんし、フロントリップスポイラーのシルバーの色彩がとてもシャープに見えますね。

 

 

 

 

写真は青いイルミネーション組み込みのフロントグリルにフェンダーイルミアーチが決まっていますし、定番のミラーガーニッシュ、フェンダーガーニッシュ、これも19インチアルミとローダウンで決めています。

 

このキットにも下記のオプションが用意されています。

 

  • クールシャインキットプレミアム(※)
  • フロントグリル
  • フェンダーイルミアーチ
  • ローダウンスプリング
  • 19インチアルミホイール&タイヤセット
  • 18インチアルミホイール&タイヤセット

 

※ クールシャインキットプレミアムには

  • フェンダーガーニッシュ(メッキ・カーボン)
  • ミラーガーニッシュ(メッキ)
  • バックドアガーニッシュ(メッキ)

が3点セットとなっており、こちらも単品購入は可能でとなっています

 

モデリスタエアロキット for NORMAL BODY

 

modellista-03

 

アルファード30系の標準ボディ専用で、フロントリップスポイラーとサイドステップ、リアアンダースポイラーの3点セットです。

 

 

 

 

リップスポイラー上部の黒の色彩とシルバーのコントラストが良く、純正とは全然違ったシャープなフロントマスクになっていますね。

 

これもエアロボディの写真と同じ装備が付いていますが、メッシュの19インチアルミがいいですね。

 

このキットも「モデリスタ エアロツアラーキット」と同様に下記のオプションが用意されています。

 

  • クールシャインキットプレミアム(※)
  • フロントグリル
  • フェンダーイルミアーチ
  • ローダウンスプリング
  • 19インチアルミホイール&タイヤセット
  • 18インチアルミホイール&タイヤセット

 

※ クールシャインキットプレミアムには

  • フェンダーガーニッシュ(メッキ・カーボン)
  • ミラーガーニッシュ(メッキ)
  • バックドアガーニッシュ(メッキ)

が3セットとなっていますが、単品での購入も可能です。

 

モデリスタエアロキット for TYPE BLACK

 

モデリスタでは新作として2016年に発売された特別仕様車として新作キットである「タイプブラック」対応のエアロキットを発売しました。

 

上記でご紹介してきたキットと同様にフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスタイリングキットの3点セットとなっています。

 

新作キットは下記の画像からご確認下さい。

 

 

 

 

ここまでご紹介してきたキットがホワイトカラーだったからかブラックの格好良さが光りますね。

 

タイプブラック対応のオプションも用意されていますが、他のキットと異なり、商品数は少なくなっています。

 

(1)クールシャインキット(スモークメッキ)

 

このキットは「ミラーガーニッシュ」と「バックドアガーニッシュ」の2点セットです。

 

(2)フロントグリル

 

(3)マフラーカッター

 

 

 

アルファード30系 前期 「TRD」「モデリスタ」 どっちがかっこいい

 

アルファード30系 前期の場合、「TRD」はオリジナルデザインを活かして迫力を増したデザインです。

 

一方、「モデリスタ」は、後期と違ってのオリジナルデザインにかなりの変更を加えていますし、バンパーごと交換のキットもあります

 

その結果、キット間の個性の違いが際立っているのです。

 

「TRD」も「モデリスタ」も、後期ではフロントグリルに変更を加えていませんが、前期ではここがカスタム化のポイントにもなっています。

 

「TRD」は端正な仕上がりですが、個性とか存在感というなら「モデリスタ」でしょうね。

 

アルファード30系 前期 「TRD」「モデリスタ」 どっちが人気

 

アルファード30系 前期 「TRD」「モデリスタ」 どっちが人気かも口コミでみていきましょう。

 

  • 実物はTRDと違いメッキが多いのと黒とのバランスが全体的にに良くなり、カッコ良くなった。
  • モデリスタもTRDはどちらを選んでも外れないと思う。
  • モデリスタがいい、白には必須な感じすら、これが付くとパンダ感が一気に消える。
  • モデリスタ、TRDそれぞれ良いところあるが、TRDの4本マフラーは本当にカッコいい。

 

「TRD」「モデリスタ」30系前期と後期の違い

 

モデリスタエアロパーツによるカスタマイズカーのフロントから見た画像をノーマルボディとエアロボディーで前期モデルと後期モデルで比較してみましょう。

 

  1. 「TRD」30系前期と後期の違い
  2. 「モデリスタ」30系前期と後期の違い

 

 

「TRD」30系前期と後期の違い

 

前期モデル 後期モデル
ノーマルボディ
エアロボディ

 

「TRD」30系前期用エアロは、オリジナルのデザインにずいぶん手を入れています。

 

オリジナルのアルファードと別の手法で存在感を発揮しようとしています。

 

こうしてみると、言い方が悪いですがアルファードの方が大味なデザインの感じさえしてしまいます

 

並べてみると「TRD」の端正さがわかります

 

後期モデルについては、オリジナルの評判がいいので、そのデザインを活かしながら存在感、端正さを加えた感じですね。

 

「モデリスタ」30系前期と後期の違い

 

前期モデル 後期モデル
ノーマルボディ
エアロボディ

 

このように比較表で見てみると、モデリスタとしても随分とデザインを変更したことがわかります。

 

前期モデルは強いていうと、フロントはオリジナルのデザイン感を出さないように平面を多用するデザインです。

 

後期モデルについては、オリジナルデザインを踏襲しつつ、モデリスタらしさを出していると感じます。

 

個人的な好みでいうと、後期モデルの方が好きですね。

 

まとめ

 

アルファード30系の中でも「TRD」「モデリスタ」エアロ装着車は、見た目が違います。

 

「TRD」「モデリスタ」エアロの場合は、トヨタのホームページでカスタマイズカーをパーツとともに詳細しています。

 

だから、格好良いデザインはもちろんですが、車検や品質面での不安がないところも安心出来ます。

 

ただ残念なところは、全体的に中古車価格が高めだというところです。

 

しかし、高いといっても個人でエアロパーツを探して装着するともっと高くなるとおもいますので、このように考えると中古車価格は妥当なのかもしれませんね。

 

中古車市場をみてみると、「TRD」「モデリスタ」エアロを装着した中古車が目立ち、人気のほどがわかります。

 

ということは、新車で今回紹介した「TRD」「モデリスタ」エアロを装着されたアルファードを選択される方が多いということですね。

 

値引きは厳しいことは想像でますが、諦めないで下さいね。

 

下記の方法であればモデリスタエアロ車であっても安く購入できますよ。

↓↓

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて6年が経過し、2018年はじめにはビックマイナーチェンジが行われ、来年にはフルモデルチェンジが噂されています。

 

アルファードのフロントグリルは後期モデルになって前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

 

2つの方法