特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファードや姉妹車であるヴェルファイアはトヨタが誇る最高級ミニバンという位置づけもあり、当然ながらインテリアに関しても申し分ありません。

 

アルファード30系のインテリアに目を向けると、運転席と助手席の間に見えるのがセンターコンソールです。

 

センターコンソールは、ほとんどのグレードが「木目調」が使われておりなかなかの高級感を醸し出しています。

 

ただ、全てのグレードで木目調が使われているのかというとそうではありません。

 

グレードによってかなりの違いがあるのです。

 

木目調のあるなしで大きく見た目の印象を変えてしまう存在感があるからこそセンターコンソール交換のインパクトは大きいのです。

 

ここでは、アルファード30系 パーツ センターコンソール交換の効果と注意点を整理しておきましょう。

3つの秘策

アルファード30系の純正センターコンソール

 

アルファード30系のセンターコンソールは、グレードによってかなりの違いがあります。

 

グレード「X」「G」

 

parts-01

 

シフトパネルはシフトノブも同じ茶木目調で仕上げています。

 

非常に落ち着きのある雰囲気ですね。

 

ただセンターコンソールに限って言えば、大型のアームレスト付ではありませんし、Xには木目が入っていません。

 

 

グレード「SA」「S“Aパッケージ”」「S」

 

parts-02

 

「SA」「S“Aパッケージ”」「S」は黒木目調です。

 

ダーク色を基調としていることもあり遠目には木目調の良さが感じられないかもしれませんが、実際に見る木目調の特徴を感じ取ることが出来ます。

 

エクステリアはエアロボディですから、室内も精悍なイメージでということでしょうか。

 

 

ただセンターコンソールは、やはり大型のアームレスト付ではありませんし、Sには木目が入っていません。

 

 

グレード「SA“Cパッケージ”」「S“Cパッケージ」

 

parts-03

 

SA“Cパッケージ”/S“Cパッケージ”は黒木目調で、アームレスト付の大型コンソールになります。無印のSA/Aと比べるとえらい違いです。

 

 

グレード「GF」

 

parts-04

 

GFは茶木目調の大型コンソール、高級感がありますね。

 

 

グレード「Executive Lounge」

 

parts-05

 

Executive Loungeはオリーブ・アッシュバール木目調、自慢の高級なセミアニリンレザーの風合いを意識してのものでしょうか。

 

 

フラクセン、ブラックの内装色が選べますが、どちらとのマッチングもいいですね。

 

 

コンソールのタイプは大型ハイグレード、言うことはありません。

 

 

センターコンソールの交換

 

 

まずは、純正で用意されているシステムコンソールを確認したのち、市販で販売されているシステムコンソールを確認してみましょう。

 

純正システムコンソール(保温冷庫付)

 

 

parts-06

 

アルファード30系でも、大型コンソールが付いていないグレードにおすすめしたいのが、この保冷庫付きのシステムコンソールです。

 

シフトパネルと同色の茶木目、黒木目が選べるので一体的なデザインになりますし、上級グレードの大型コンソールに無い雰囲気も悪くありません。

 

何しろ純正アクセサリーなので、安心して交換できるのもいいところです。

 

 

LED照明付きセンターコンソール

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルファード 30系 センターコンソール
価格:69660円(税込、送料無料) (2019/5/26時点)

 

 

このLED照明付きセンターコンソールはどうでしょう。

 

「M’z SPEED」から発売されているセンターコンソールです。

 

定価は65,000円(税抜き)で、機能としては下記のものがあります。

 

  • 充電用USB ポート
  • ドリンクホルダー×2
  • 小物入れ
  • トレイ
  • 間接照明(LEDブルー)

 

 

サイドパネルはレザーだし、LED照明で目立つことは間違いありません。

 

スマートフォン充電用USBポートやシガーソケットも使えますし、チューンナップウーファーだってセットできちゃいます。

 

 

但し、下記のグレードについては装着不可となっています。

 

【装着不可】

  • 大型ハイグレードコンソール付車
  • 助手席スーパーロングスライドシート付車

 

 

ウッド調コンソールパネル

 

 

 

この商品ですが、実はトヨタ純正のコンソールパネルです。

 

大きな画像は茶木目調ですが、黒木目調を選ぶことも出来ます。

 

SとXのセンターコンソールパネルには残念なことの木目が入っていません。

 

でも、これを解決するパーツがちゃんとあるのです。黒木目、茶木目がありますから、これさえ装着すれば、GやSAと同じ仕様になるのです。

 

 

【茶木目調】

 

  • X
  • X(サイドリフトアップシート装着車)(ガソリン車)

 

【黒木目調】

  • S
  • S(サイドリフトアップシート装着車)(ガソリン車)

 

 

センターコンソール交換の注意点

 

アルファード30系のセンターコンソール交換については、基本的には大きな問題はありません。

 

しかし、センターコンソール内にはシガライターソケットはもちろん、オーディオ装着車には電源とオーディオ端子が集中配置してありますから、この接続をきちんとしておくことが必要です。

 

アルファード30系の上級グレードには高級かつ高機能のセンターコンソールが付いていますから、交換するメリットよりデメリットの方が大きいような気がします。

 

下位グレードについては、少し寂しいところがありますので、思い切って交換を考えても良いかもしれませんね。

 

 

 

2018年に入って30系も後期モデルが発売され値引き幅が引き締められています。

 

しかし、こんな状況でも新型アルファードを安く購入する方法はあります。

 

下記にも目を通しておくと良いですよ。

 

↓↓

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて3年が経過し、2018年初めにはビックマイナーチェンジが行われました。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

 

 

特集記事

 

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法