特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


カーテシランプは高級な車にしか付いていないものですが、アルファード30系(前期後期)には全グレードではありませんが付いています。

 

そして、この純正カーテシランプを付けたり交換したりするカスタム化があるというのです。

 

ここでは、アルファード30前期後期の純正カーテシランプを確認し、どこに問題があるのかをチェックします。

 

そのうえで、純正から交換する方法を配線キットも含めてチェックしておきましょう。

 

3つの秘策

アルファード30前期後期の純正カーテシランプとは

 

まず、アルファード30前期後期の純正カーテシランプを確認し、どこに問題があるのかをチェックします。

 

  1. アルファ―ド純正カーテシランプと搭載グレード
  2. アルファ―ド純正カーテシランプの問題点

 

アルファ―ド純正カーテシランプと搭載グレード

 

アルファ―ド純正カーテシランプはこのようなものです。

 

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/123956/car/3027168/10867259/parts.aspx

 

ようするに、ドアを開ければランプのところが光って後方からもドアが開いているのが見える仕組みです。

 

このカーテシランプ、アルファード30系の後期ではXとS、ハイブリッド車X以外のグレードには装備されています。

 

アルファード30系も前期モデルはXやSに加え、S”Aパッケージ”やSAにも装備されていなかったようですね。

 

 

アルファ―ド純正カーテシランプの問題点

 

アルファ―ド純正カーテシランプの問題点は次の2点です。

 

非搭載グレードはリフレクター

 

 

アルファ―ドの純正カーテシランプ非搭載グレードはリフレクターが装備されています。

 

引用元:https://www.goo-net.com/pit/shop/0200605/blog/209426

 

色も当然赤色ですし、知っている方はすぐにわかります。

 

人によってはとても気になると思います。

 

アルファ―ド純正カーテシランプはLEDではない

 

アルファ―ド純正カーテシランプはLEDではなく白熱バルブです。

 

色もLEDのように鮮やかな白ではなくオレンジ色ですし、使っておられる方からは暗いという声も上がっているのです。

 

引用元:https://ameblo.jp/gachinkopapa01/entry-12672448042.html

 

 

アルファード30の純正カーテシランプ純正から交換する方法

 

では、アルファード30の純正カーテシランプ純正から交換する方法を説明していきます。

 

  1. カーテシランプ搭載車のLEFバルブへの交換
  2. カーテシランプ非搭載車のカーテシランプ取り付け

 

カーテシランプ搭載車のLEDバルブへの交換

 

カーテシランプ搭載車のLEDバルブへの交換はいたって簡単です。

 

カーテシランプのカバーを外してT10ウェッジ球のLEDバルブと交換すればいいのです。

 

好きな色温度、明るさのバルブさえ選べばいいですし、とても安い投資です。

 

参考までに動画を紹介しておきます。

 

 

 

カーテシランプ非搭載車のカーテシランプ取り付け

 

難易度が高いのがカーテシランプ非搭載車のカーテシランプ取り付けです。

 

というのも、カーテシランプの配線そのものが来ていないからです。

 

このため、カーテシランプユニットに加えてカーテシランプの配線キットも必要になるのです。

 

まず、カーテシアンプユニットですが、そう高いものではありません

 

 

これは、税・送料込みで3,880円です。

 

また、アルファードのロゴなんかが入った製品の方が多くて、これなんかは、税・送料込みで3,070円です。

 

 

 

カーテシランプの配線キットもそう高いものではなく、税・送料込みで3,720円です。

 

 

 

問題は施工で、カーテシランプユニット交換はいいにしても、カーテシランプの配線が大変ですし、ドア内張も剥がす必要があります。

 

下のWebページに加え、「アルファード 30後期の電源取り出し方法を運転席・助手席・ヒューズボックス別に紹介」も参考にしてください。

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/2989520/car/2601434/5677616/note.aspx

 

ちなみに、ドライブレコーダーやETC車載器の取り付けとは次元の違う難易度ですから、自信がない方は知り合いの詳しい方か整備士さんに頼みましょう。

 

 

まとめ

 

アルファード30の純正カーテシランプが白熱バルブでも、カーテシランプがついてなくてリフレクターでも、安全面や機能にはほとんど問題はありません。

 

問題は見た目ですし、上級グレードに付いているものが無いと寂しくなりますし、LEDに交換しているのを見ればうらやましくなるのはわかります。

 

このうちLED化はほとんどノースキルでできますし、T10のLEDバルブなんか安いものですから、ぜひやってみたらいいと思います。

 

ただ、リフレクターをカーテシランプにするのはハードルがとても高いので、自分でやるか誰かに頼むかはよく考えた方がいいと思います。

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて7年が経過し、2018年にはビックマイナーチェンジが行われました。今年後半にはフルモデルチェンジが噂されています。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードもフルモデルチェンジ間近とうことで、値引き幅も広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。

これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

  • この方法だったら「安く買えるかも」しかも「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

 

 

>>>  目次ページに戻る

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

30系アルファードも発売開始から7年目を迎え、40系の登場が待たれるこの頃となりました。

 

しかし、アルファードはライバル不在ということもあり、30系の人気は落ちません。

 

ただ、モデル末期ということもあり値引き幅は緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファード30系 値引き最大化の秘策

 
 
>>  目次ページに戻る  
2つの方法