アルファード30系口コミ・評価情報まとめ

kuchikomi-t

アルファード30系は相変わらず売れ行き好調のようですが、ユーザーの評判はどうでしょうか。

そろそろかなりの台数も出回ったころでしょうから、ここではアルファード30系口コミ・評価情報をチェックしておきましょう。

記事の最後には追記として「2017年3月17日時点」の最新口コミ情報を記載していますので、合わせてご覧ください。

3つの秘策

アルファード30系のスタイリング

kuchikomi-styling

アルファード30系はフロントマスクが特徴的ですが、好き嫌いが分かれるのもこの部分です。

口コミなどでは存在感の強い個性的なフロントグリルを評価する意見が多い一方で、派手なフロントに尻込みされた方も少なくないようです。

ただ、乗り込むと良く見えてくるデザインのようですね。

アルファード30系の動力性能

《2.5リッター》

kuchikomi-25

アルファード30系の2.5リッター車は絶対的なパワーはないものの、通常使用では不満の無いレベルのようです。

2AZ-FE型2.4リッターエンジンから2AR-FE型2.5リッターエンジンへの進化,、排気量にすれば131ccだすが、口コミなどではこれを高く評価する意見もかなり見受けられました。

《3.5リッター》

kuchikomi-35

アルファード30系の3.5リッター車は2.5リッター車とは設計思想からして全く違いますが、圧倒的な加速感というよりはしなやかにすっと走り出すイメージのようです。

荒々しさも無く静かで、口コミなどでも全体的に評判はいいようですが、3.5リッター車はエンジンが2GR-FE型で20系から変更がなく、スペックも変わっていないので、20系から乗りついた方の中には進歩が無いという厳しい評価をされている方もおられるようです。

アルファード30系の走行性能

アルファード30系のサスペンションは前輪は定番のストラットですが、後輪はダブルウィッシュボーンを採用していて、20系のトーションビームから比べると大きな進化といえます。

kuchikomi-dwb

その効果のほどが気になりますが、セッティングが乗り心地を良くする方に振られているようで、柔らかめの設定になっているのですが、路面はしっかりとらえてくれるようです。

若干腰高で、カーブでのロールはあるのですが、それも相当抑え込まれていて、車高から考えると穏かなロールのようです。

アルファード30系の内装

kuchikomi-naisou

アルファード30系の内装は非常に豪華というか、豪華に見えるようです。

これでもかというほど高級感が誇張されているという評価もありますが、質感もまずまずで満足度は高いようです。

ただ、収納が思いのほか少ないという意見もあるみたいですね。

アルファード30系(3500ccモデル) 最新口コミ

3.5Lモデルは高額なモデルであることと、グレードバリエーションが少ないため口コミの数も限られていますが、2つご紹介します。

グレードはどちらも「Executive Lounge」となります。

【口コミ1】

  • エクステリアは特徴的なフロントグリルでしたが慣れると気にならなくなった
  • インテリアに関しては20系と比較するとシートは柔らかく高級感を感じて良い
  • エンジン性能に関してはV6ということもありパワー面で問題なく静かで安心して走行できる・乗り心地に関しては20系と比較して大きく変わった部分で段差も気にならないくらい乗り心地は良い
  • 燃費に関しては20系と同様で高速で約10km/L、街乗りで約6km/Lと特別燃費がよくなったわけではないが、車重さからすると特に悪くは感じない

【口コミ2】

  • デザインは慣れたため今では気に入っている
  • インテリアに関しては高級感を感じており概ね満足
  • 走行性能に関しては、スムーズな加速でストレスなく、足回りも柔軟性を感じるセッティングで満足

アルファード30系(2500ccモデル) 最新口コミ

2500ccモデルに関してはグレードバリエーションも多く、3500ccと比べると口コミの数も多くありますので、ここでは7モデルを対象に口コミ情報をお伝えしますので参考にして下さい。

【S Aパッケージ TYPE BLACK】

  • 欧州車と比較すると劣ると感じるが高級車と感じる(走行性、遮音性、高速安定性)
  • 前モデルである20系と比較すると特にインテリアの質感や静粛性は間違いなく向上している・小さな子どもがいるのでぐずりだした時などロングスライドシートは役立っている。
  • 燃費に関しては残念ながら10km/L届かない
  • 専用シートの座り心地が良く、ブラック基調の内装は質感が高い
  • 標準車と特別仕様車の大きな違いの一つに「スモークメッキ」があるが正直並べて比べないとわからないレベル

【S Cパッケージ】

  • エクステリア面では、モデリスタのエアロパーツはオススメ。はじめ目立ちすぎる感じはするもののスグに慣れる
  • インテリア面では、エグゼクティブパワーシートにレザーシートの組み合わせは抜群。高級感があり子供よりも大人を乗せてのクルージング時にその印象が高まると感じる
  • ハイブリッド車の動力性能は力強い印象を受ける
  • 燃費は街乗りで約7.5km/L程度
  • 2016年9月購入で納期は3ヶ月。

【S】

  • 乗り換え前の車であるハイエースと比較すると走行性能は快適で、快適性も抜群。
  • 8人乗りでもストレスは感じなく、非力さも感じない
  • 3500CCモデルにも試乗したが、2500CCモデルでも全く問題ない
  • 「レーダークルーズコントロール&自動ブレーキ」は高額なため当初考えていなかったが、居眠りによる追突事故防止に威力を発揮すると聞き装備することにしたが、今では一番重宝しているオプションとなった。
  • 電動パーキング機能は信号待ち時にブレーキペダルを踏まなくても良く、これが思いのほか快適

【S Aパッケージ】

  • 動力性能に関しては、アクセルを踏み込むと思いのほかエンジン音は気になるものの普段乗りでアクセルを踏み込むシーンはそれほどないので問題なし
  • 燃費は約8km/L程度

【S Aパッケージ TYPE BLACK】

  • エクステリアに関しては、当初フロントグリルの形状が若干気に入らなかったものの今では慣れてお気に入り
  • インテリアに関しては、ブラックで統一され高級感抜群
  • 燃費は通勤及びレジャー使用で約11km/L程度

【S Aパッケージ 4WD】

  • エクステリアに関しては「大空間サルーン」の名に恥じない表現力を持っていると感じた。また、ホイールベースは長いものの小回りが効くのも良い
  • インテリアに関しては、マルチインフォメーションによる視認性が良く夜間でも見やすい
  • ファブリック素材のシートは長時間座っても疲れず座り心地が良い
  • 購入前に3.5Lモデルと2.5Lモデルの両方を試乗したところ、走行性能に関しては両車は大きく違う印象を受ける。高速道路を良く走り、どっしりとした乗り心地を優先する場合は3.5Lが良いと感じるものの一般道優先の場合は2.5Lでも十分と感じた。
  • 乗り心地に関しては問題なし
  • 燃費に関しては約9.5km/L

【S Cパッケージ】

  • エクステリアに関しては最初の印象は決して良くないものの慣れるとかっこよく見えてきた
  • 2.5Lモデルを選択したのは、他の方の意見としていくつか見たとおり、2.4Lのハリアーと比較して0.1Lの排気量が増えただけとはいえ、力強さは感じないもののパワー不足は感じなかった
  • アルファードの車体は大きく、重量は2tを超えているものの、大きなロールはなくよく曲がり、道路の凹凸もよく吸収するサスペンションセッティングが走行性能を良くしている。
  • 燃費に関しては約8km/Lなので10km/Lを期待していたので残念

アルファード30系、売れ行きに違わず口コミ・評価情報もなかなかのようです。

3.5リッターエンジン以外は着実に進化しているようで、評価の分かれるエクステリアも、乗り込むと評価が上がってくるようですから、迷っている方も選んで間違いないかもしれません。

ただ、これはあくまで口コミ・評価情報なので、自分の目で確認することをお忘れなく

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて2年が経過しました。

今では納期問題も解消されましたね。

アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

  • この方法だったら安く買えるかも
  • しかもカンタンじゃん

と思われたら是非実践してみてください。

たった2分もあれば実践出来る方法です。

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ