車のような高額商品を購入する時、気になるのが税金です。

 

アルファード(30系)に関しては、一番安いグレード「X」の価格でも約337万円から、一番高いグレードの「HYBRID Executive Lounge」の価格に至っては約735万円からととても高額です。

 

自動車購入時に必要となる税金には次のようなものがあります。

 

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 消費税

 

特に、税金の中でも消費税は車の購入価格に8%の税金が課せられるため結構大きな出費となります。

 

消費税は、2019年5月現在は8%ですが、2019年10月からは10%に引き上げられることが決定されており、最近のニュースでは、現時点では消費税引き上げは止めることが出来ないと言われています。

 

しかし、取られる税金だけでなく、税金を少なくする税金が存在しています。

 

それば、エコカー減税です。

 

 

 

自動車にまつわる税金はこれだけではありません。

 

自動車を購入する際、消費税とは別に自動車取得税、自動車重量税が必要で、自動車重量税については、車検の度に必要となります。

 

しかし、これらの税金を減額する制度も存在しています。

 

平成21年度から実施されているエコカー減税です。

 

この記事では、アルファード30系のエコカー減税対象グレードとエコカー減税(グリーン化税制含む)をグレードごとにご紹介していきます。

 

 

この記事の続きを読む

アルファード 30系には思いの外たくさんのグレード用意されています。

 

多くのグレードが用意されていると自分好みのアルファードを見つけやすくなります。

 

良いことがある反面、いざ買うとなるとグレード選択に悩んでしまいますよね。

 

ここでは、そんなアルファード 30系のグレードの中からお買得なのはどれなのか、チェックしておきましょう。

この記事の続きを読む

アルファード30系は前期、後期の別がありますが、いつからが30系後期かご存じですか、そして前期から後期への変更点はいつだったか。

 

ここでは、そんなアルファード30系後期はいつからで発売日はいつかをまず確認しておきます。

 

そのうえで、このマイナーチェンジによる前期から後期への変更点についてもチェックしておきましょう。 この記事の続きを読む