特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファード30系後期SCではSCパッケージが高い人気を集めています。

 

その理由は装備の充実にあると言われていますが、どれくらい装備が充実しているのでしょうか。

 

また、ハイブリッドモデルでは、同じようにHYBRID SR Cパッケージの人気が高いようですが、こちらとは違いがあるのでしょうか。

 

ここでは、まず、アルファード30系後期SCではS"Cパッケージ"の標準装備がどう充実しているかを整理します。

 

あわせて、HYBRID SR Cパッケージとどう違うかもチェックしておきましょう。

3つの秘策

アルファード30系後期SCパッケージは標準装備が充実!

 

まず、アルファード30系後期SCではSCパッケージの標準装備がどう充実しているかを、ベースグレードのSにプラスされた装備でみていきます。

 

  1. エクステリアの標準装備
  2. インテリアの標準装備
  3. 機能面での標準装備

 

エクステリアの標準装備

 

アルファード30系後期SCパッケージのエクステリアの標準装備のうち、ベースグレードのSに追加されたのは以下の装備です。

 

  • 235/50R18タイヤ+切削光輝・ブラック塗装アルミホイール
  • 三眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(ブラックエクステンション)
  • LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リア)
  • LEDコーナリングランプ

 

追加された装備は多くありませんが、ホイールや三眼LED、シーケンシャルターンランプなど見た目に大きく影響する装備が追加されているのは大きいですね。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=from_alphard_top_navi-menu_grade

 

インテリアの標準装備

 

アルファード30系後期SCパッケージのインテリアの標準装備のうち、ベースグレードのSに追加されたのは以下の装備です。

 

  • メタルウッド+スパッタリングのインストルメントパネル
  • メタルウッド本革巻き4本スポークステアリングホイール
  • ステッチ付き合成皮革+スパッタリング+メタルウッドのドアトリム
  • 金属調ロゴ付きのドアスカッフプレート
  • 本革+メッキのロングアシストグリップ
  • 足元照明付きのイルミネーテッドエントリーシステム
  • LED+加飾のパーソナルランプ(Sは白熱バルブ)
  • 合成皮革シート(Sはファブリック)
  • 運転席8ウェイパワーシート+後席用アシストグリップ(Sは6ウェイマニュアル)
  • 助手席4ウェイパワーシート(Sはマニュアル)
  • 助手席パワーオットマン
  • 快適温熱シート+ベンチレーションシート(運転席+助手席)
  • エグゼクティブパワーシート(2列目 Sはリラックスキャプテンシート)
  • メタルウッド折り畳み式サイドテーブル
  • メタルウッド大型コンソールボックス

 

インテリアの追加装備は特に多いのですが、メタルウッドやスパッタリングの多用、合成皮革シートで、内装はずいぶんゴージャスになっています。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=from_alphard_top_navi-menu_grade

 

また、これはセカンドシートのエグゼクティブパワーシートで、写真はGFのシートなので色が違いますが、機能面も含めて豪華です。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=from_alphard_top_navi-menu_grade

 

機能面での標準装備

 

アルファード30系後期SCパッケージの機能面での標準装備のうち、ベースグレードのSに追加されたのは以下の装備です。

 

  • 後席用サンシェード
  • オートワイパー
  • アダクティブハイビームシステム
  • 自動防眩インナーミラー
  • アクセサリーコンセント(100V100W)2個(Sは1個)
  • 排ガス検知式内外気自動切替オートエアコン(Sは自動切替無し)
  • フロント・リア蓄冷エバホレーター(Sはフロントのみ)
  • ウェルカムパワースラ一ドア
  • パワーバックドア

 

機能面ではこれでほぼフル装備ですね。

 

 

アルファード30系後期SCパッケージとSR Cパッケージの違い?

 

アルファード30系後期SCパッケージとHYBRID SR Cパッケージは基本的には同じような装備内容です。

 

ただ、HYBRID SR Cパッケージはハイブリッドということもあって、18インチホイールは履きませんし、タイヤも225/60R17です。

 

ホイールもハイパークロムメタリック塗装で、ベースグレードのSRと同じですが、HYBRID G Fパッケージもそうですから、こんなものでしょう。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=from_alphard_top_navi-menu_grade

 

あとはアクセサリーコンセントで、100V1500Wが3つ、100V100Wが1つで、S"Cパッケージ"より強力です。

 

ただ、これはS"Cパッケージ"との違いというよりはハイブリッド車の特性で、エグゼティブラウンジ系を除けばすべてのグレードでこの装備が付いてくるのです。

 

まとめ

 

アルファード30系後期のHYBRID SR Cパッケージの上位グレードはエグゼティブラウンジ系しかありませんが、S"Cパッケージ"のすぐ上にはSCがあります。

 

S"Cパッケージ"は2.5Lということを除けば、このSCの装備をすべて標準装備化しているのです。

 

違うのはベンチレーティッドディスクのサイズが1インチ小さいこととシーケンシャルシフトマチックが1速少なくて7速というくらいでしょうか。

 

これでSCより60万円安いのですから売れて当然かもしれません。

 

ベースグレードのと比べると70万円ほど高いのですが、予算に余裕があるなら海外への輸出も含めて下取りが有利なS"Cパッケージ"はいい選択しかもしれませんね。

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて7年が経過し、2018年にはビックマイナーチェンジが行われました。今年後半にはフルモデルチェンジが噂されています。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードもフルモデルチェンジ間近とうことで、値引き幅も広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。

これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

  • この方法だったら「安く買えるかも」しかも「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

 

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法