車のような高額商品を購入する時、気になるのが税金です。

 

アルファード(30系)に関しては、一番安いグレード「X」の価格でも約337万円から、一番高いグレードの「HYBRID Executive Lounge」の価格に至っては約735万円からととても高額です。

 

自動車購入時に必要となる税金には次のようなものがあります。

 

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 消費税

 

特に、税金の中でも消費税は車の購入価格に8%の税金が課せられるため結構大きな出費となります。

 

消費税は、2019年5月現在は8%ですが、2019年10月からは10%に引き上げられることが決定されており、最近のニュースでは、現時点では消費税引き上げは止めることが出来ないと言われています。

 

しかし、取られる税金だけでなく、税金を少なくする税金が存在しています。

 

それば、エコカー減税です。

 

 

 

自動車にまつわる税金はこれだけではありません。

 

自動車を購入する際、消費税とは別に自動車取得税、自動車重量税が必要で、自動車重量税については、車検の度に必要となります。

 

しかし、これらの税金を減額する制度も存在しています。

 

平成21年度から実施されているエコカー減税です。

 

この記事では、アルファード30系のエコカー減税対象グレードとエコカー減税(グリーン化税制含む)をグレードごとにご紹介していきます。

 

 

3つの秘策

 

アルファード30系のエコカー減税対象車は?

 

 

まずは、エコカー減税の確認をしたあと、アルファード30系のエコカー減税対象車をご紹介します。

 

 

エコカー減税とは?

エコカー減税とは、簡単にいうと車に関する税期の優遇制度で、環境性能に優れた車が対象となります。環境性能についてですが、国土交通省が定める基準値(「排出ガス」「燃費」)をクリアした車となります。エコカー減税の対象となる税金は「自動車取得税」と「自動車重量税」の2つです。基本、車を購入した時に恩恵を受ける税金ですが、エコカー減税の他に、グリーン化特例というものがあり、エコカー減税対象車は毎年発生する「自動車税」についても減税となります。

 

エコカー減税について確認したところで、アルファード30系のエコカー減税対象車についてですが、2019年との対象となるのはハイブリッド車のみとなっています。なお、「2019年度の対象」としているのは、毎年変更されるからです。

 

具体的には、下記のグレードがアルファード30系の2019年度のエコカー減税対象車となります。

 

  • HYBRID Executive Lounge(7人乗り)
  • HYBRID Executive Lounge S(7人乗り)
  • HYBRID G“F Package”(7人乗り)
  • HYBRID G(7人乗り)
  • HYBRID X(7人乗り)
  • HYBRID X(8人乗り)
  • HYBRID X“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り)
  • HYBRID SR“C Package”(7人乗り)
  • HYBRID SR(7人乗り)
  • HYBRID SR(サイドリフトアップチルトシート装着車)(7人乗り)
  • HYBRID S(7人乗り)

 

 

次は、上記グレードの減税額を確認してみましょう。

 

アルファード30系エコカー減税額

 

 

冒頭でお伝えしたとおり、税金が減額されるのはエコカー減税だけでなくグリーン化特例も対象となりますので、別々にお伝えします。

 

具体的には下記の表にまとめましたのでご覧ください。

「合計」が減税の合計を表し、合計の右側にあるエコカー減税とグリーン化特例が合計の内訳となります。

(単位:円)

グレード エコカー減税 グリーン化特例 合計
HYBRID Executive Lounge(7人乗り) 221,300 33,500 254,800
HYBRID Executive Lounge S(7人乗り) 225,000 33,500 258,500
HYBRID G“F Package”(7人乗り) 176,200 33,500 209,700
HYBRID G(7人乗り) 162,400 33,500 195,900
HYBRID X(7人乗り) 148,100 33,500 181,600
HYBRID X(8人乗り) 147,100 33,500 180,600
HYBRID X“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り) 159,300 33,500 192,800
HYBRID SR“C Package”(7人乗り) 179,800 33,500 213,300
HYBRID SR(7人乗り乗り) 166,000 33,500 199,500
HYBRID SR(サイドリフトアップチルトシート装着車)(7人乗り) 176,200 33,500 209,700
HYBRID S(7人乗り) 153,300 33,500 186,800

 

※ 上記金額はおおよその金額となります。理由はグレーン化特例が確定値ではなく概ね75%となっているからです。

 

上記のエコカー減税額は「自動車取得税」と「自動車重量税」に別れますが、自動車重量税は一律「37,500円となっていますので、エコカー減税額から「37,500円」を引いた金額が自動車取得税ということになります。

 

 

 

まとめ

 

 

アルファード30系の最新エコカー減税(グリーン化特例含む)をご紹介しました。

 

エコカー減税(グリーン化特例含む)の一番少ないグレードは「HYBRID X(8人乗り)」の「約180,600円」、一番多いグレードは「HYBRID Executive Lounge S(7人乗り)」の「約258,500円」。

 

差額は、「約77,900円」ですが、車両本体価格の差は「約3,117,960円」と300万円を超える価格差ですので、エコカー減税は車両本体価格に対してはあまり影響がないことがわかりますね。

 

車両本体価格が高額なアルファードですので、エコカー減税の対象であるハイブリッド車とガソリン車、どちらを購入するかを決定する際の一つの情報として活用いただければと思います。

 

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて3年が経過し、2018年はじめにはビックマイナーチェンジが行われました。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

 

特集記事

 

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法