特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


30アルファードは前期モデルに比べて後期モデルは外観の変化が著しいのは間違いありません。

 

もともと迫力があったフロントマスクがさらにどや顔度を増して、このクラスどころかミニバンの中でも圧倒的な売り上げです。

 

そんな外観の変化に隠れていますが、30アルファードは前期、後期で内装の違いがあるのでしょうか。

 

ここでは、まず、船体的な傾向を説明したうえで、具体的な変更箇所をチェックしていきましょう。

3つの秘策

30アルファードは前期、後期で内装の違いがあるの?

 

まず、30アルファードは前期、後期で内装の違いがあるのかですが、ざっくりとその傾向をご説明します。

 

30アルファードに限らず、大きなコストをかけずにマイナーチェンジ感を出すための定番の変更点は木目調パネルの変更です。

 

詳細は後述しますが、新規投入されたエグゼクティブラウンジではエアロボディに「シルバーウッド」を使って新しさを出しています。

 

また、エアロ系の「黒木目」から「メタルウッド」に変わるなど、一目でわかる変更を施しています。

 

もう一点、大きな変更は、これも定番ですが、シート素材の変更で、エグゼティブラウンジ系では最高の品質の本革といわれる「ナッパレザー」が投入されたのです。

 

その他にも変更はありましたが、この2点の変更で、内装も外装とあわせて、一段と豪華になったのは間違いありません。

 

 

30アルファードは前期、後期で内装の具体的な変更箇所は?

 

では、30アルファードは前期、後期で内装の具体的な変更箇所はどこかをチェックしていきます。

 

  1. 30アルファードは前期、後期で木目パネルが違う
  2. 30アルファードは前期、後期でシート素材やカラーが違う
  3. 30アルファードは前期、後期のその他の変更

 

30アルファードは前期、後期で木目パネルが違う

 

30アルファードの前期、後期では木目パネルが一新されています。

 

変更内容は下記のとおりで、傾向は同じですが、マイナーチェンジ前を見ている人にはすぐにわかる違いです。

 

グレード 前期 後期
Executive Lounge
オリーブ・

アッシュパール木目調

ブラウンオリーブ・

アッシュパール木目調

Executive Lounge S
シルバーウッド
ノーマルボディ
茶木目調 メタルブラウンウッド
エアロボディ
黒木目調 メタルウッド

引用元:http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/alphardg-1/alphardg-1_201501.pdf

    http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/alphardg-1/alphardg-1_201712.pdf

 

新しく投入したエグゼクティブラウンジSのシルバーウッドやエアロ系のメタルウッドなど、エアロボディの押しの強さに合わせたような攻撃的な選択ですね。

 

 

30アルファードは前期、後期でシート素材やカラーが違う

 

30アルファードは前期、後期でシート素材やカラーが違ってきます

 

前期モデルの最高峰エグゼクティブラウンジでは「セミアリニン本革シート」というものを使ってました。

 

引用元:http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/alphardg-1/alphardg-1_201501.pdf

 

セミアリニンというのはアニリンで染めた後、透明感のある特別な顔料を表面に薄く吹きつけて、 高級感と傷や水への強度を併せ持たせた革でなかなか高級なものです。

 

一方、30アルファード後期モデルでは「ナッパレザー」を採用し、エグゼクティブラウンジSにはホワイトのシートカラーも採用しました。

 

引用元:http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/alphardg-1/alphardg-1_201712.pdf

 

ナッパレザーはベンツなどの高級車に採用されるもともとは羊革、山羊革、今ではクロムなめしをした柔軟な牛革で、しなやかで柔らかい肌触りと耐久性を両立しています。

 

残念ながら、このカラーは2020年1月の仕様変更で選べなくなりましたが、レザーの方は今もナッパレザーです。

 

 

30アルファードは前期、後期のその他の変更

 

30アルファードは前期、後期のその他の変更はささやかなものです。

 

メータパネルの変更はマイナーチェンジではよくあることですが、30アルファード前期で3種類だったメーターは、後期では4種類になりました。

 

以下のような、エグゼクティブラウンジ、ハイブリッド車、エアロボディ、標準ボディの4種類です。

 

引用元:http://kspec-now.com/2017/12/29/3196/

 

また、緊急時(エアバッグが作動した場合)に警察などへの自動通報し、ハンズフリーで通話可能な「ヘルプネット」スイッチが全車標準装備されました。

 

 

まとめ

 

30アルファードの後期モデルはエクステリアの進化が目につきますが、しっかりと内装も変わっています。

 

木目パネルの色遣いは外観の派手さと歩調は合わせていますが趣味の良さは相変わらずですし、むしろ洗練されています。

 

安全装備の充実も含めて30アルファードは前期から後期に向けて着実に進化しているようですね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

30系アルファードも発売開始から7年目を迎え、40系の登場が待たれるこの頃となりました。

 

しかし、アルファードはライバル不在ということもあり、30系の人気は落ちません。

 

ただ、モデル末期ということもあり値引き幅は緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファード30系 値引き最大化の秘策

 
 
>>  目次ページに戻る  
2つの方法
カテゴリー
タグ