アルファード30系 最新買取(下取り)相場一覧!前期・後期、年式、グレード別!

アルファード30系も誕生から4年4ヶ月が経過し、前期モデルから後期モデルに乗り換える方もいれば、アルファードとは異なる車に乗り換えられる方もいると思います。

 

現在、車を保有されているオーナーさんであれば、車を乗り換える際であっても、ただ手放す場合であっても、現在の愛車を売却されることでしょう。

 

もし、愛車を売却されるのであれば、新車を購入するときと同様、複数の買取業者から査定を取り寄せ、相見積もりを行って一番高く買い取ってくれる業者さんを見つけましょう。

 

なぜ、このようなことを言うかというと、たとえ同じ車であっても買取業者間で買取価格は大きく異なり、価格差は50万円以上になることもあるからです。

 

そこで、まずはトヨタが提示している参考下取り価格を把握した上で、下記のような一括無料査定サービスなどを活用して相見積もりを行ってみてください。
>>> 無料一括査定サービス
では、最新の情報である「2019年4月25日現在」のアルファード30系参考買取(下取り)相場を前期・後期別、年式別、グレード別でまとめましたので参考にしてください。 この記事の続きを読む

アルファード30系 エコカー減税(クリーン化特例含む)最新情報(2019年度版)

車のような高額商品を購入する時、気になるのが税金です。

 

アルファード(30系)に関しては、一番安いグレード「X」の価格でも約337万円から、一番高いグレードの「HYBRID Executive Lounge」の価格に至っては約735万円からととても高額です。

 

自動車購入時に必要となる税金には次のようなものがあります。

 

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 消費税

 

特に、税金の中でも消費税は車の購入価格に8%の税金が課せられるため結構大きな出費となります。

 

消費税は、2019年5月現在は8%ですが、2019年10月からは10%に引き上げられることが決定されており、最近のニュースでは、現時点では消費税引き上げは止めることが出来ないと言われています。

 

しかし、取られる税金だけでなく、税金を少なくする税金が存在しています。

 

それば、エコカー減税です。

 

 

 

自動車にまつわる税金はこれだけではありません。

 

自動車を購入する際、消費税とは別に自動車取得税、自動車重量税が必要で、自動車重量税については、車検の度に必要となります。

 

しかし、これらの税金を減額する制度も存在しています。

 

平成21年度から実施されているエコカー減税です。

 

この記事では、アルファード30系のエコカー減税対象グレードとエコカー減税(グリーン化税制含む)をグレードごとにご紹介していきます。

 

 

この記事の続きを読む

アルファード30系(後期前期)便利機能!シートアレンジ(7人・8人)が多彩

2021年6月現在、40系新型アルファードが2022年春に誕生すると噂になっています。

 

ということで、しばらくの間、最新アルファードは2018年1月にマイナーチェンジ、2021年5月に一部改良が実施されたアルファード30系後期モデルということになります。

 

後期モデルの発売開始が2018年1月ですから、これまでのモデルチェンジ間隔から推測するとすると、フルモデルチェンジは2021年1月頃ですが、既に過ぎてしまいました。

 

いずれにしても、40系新型アルファードの誕生はカウントダウンの段階に入ってきたようです。

 

とはいえ、現在アルファードも三代目、モデルチェンジを重ねるごとに外観だけでなく、内装も豪華になっています。

 

内装も豪華なだけではなく、機能的にも充実していて、お役立ち・便利機能や多彩なシートアレンジで室内空間が質的にもボリューム的にも充実していることに驚かされます。

 

この記事では、まずアルファード30系(後期前期)の室内空間の快適性を支えるお役立ち・便利機能を紹介します。

 

そして、多彩なシートアレンジを確認したうえで、この7人用、あるいは8人用のシートアレンジがどう便利かについては、口コミも参考にしながらチェックしていきましょう。 この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

アルファード30系(後期前期)のローダウン量(車高)は何センチまで可能?

 

アルファード30系のカスタム化で検討したいのはローダウンです。

 

 

そしてローダウンするなら車高調システムを入れたいところです。

 

なぜなら、ローダウンすることでサスペンションのストロークが短くなり乗り心地が大幅に悪化します。

 

また、ホイールのインチアップとタイヤ幅を拡大も同時に実施されることが多くタイヤと路面の接地面積が増えて、ロードノイズを拾いやすくなります。

 

さらに、接地面積が増えることでタイヤのグリップが高まりサスペンションに与える力も増すことによって、ハンドルを切った際に生じるロールが大きくなります。

 

こうしたデメリットの中で、ローダウンによるメリットを享受しつつ、乗り心地を保つには足回りの強化が必要で、一番効果的な手段が車高調システムの導入だと考えます。

 

ここでは、そんなアルファード30系 ローダウンと車高調の効果・予算・注意点をまとめてみます。

 

一方、ローダウンするならできるだけ車高を下げたいのは当然ですよね。

 

最後にアルファード30系(後期前期)のローダウン量(車高)は何センチまで可能かもチェックしておきましょう。

この記事の続きを読む