特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-口コミ・評価 特集-納車・不具合情報
特集-タイヤ・ホイール 特集-その他

 


アルファード30系のカスタム化で検討したいのはローダウンです。

 

 

そしてローダウンするなら車高調システムを入れたいところです。

 

なぜなら、ローダウンすることでサスペンションのストロークが短くなり乗り心地が大幅に悪化します。

 

また通常、ローダウンを実施する場合はホイールのインチアップとタイヤ幅を拡大も同時に実施されることが多くなります。

 

タイヤ幅が広くなる分だけタイヤと路面の接地面積が増えますので、ロードノイズを拾いやすくなります。

 

また、タイヤと路面の接地面積が増えることでタイヤのグリップが高まりサスペンションに与える力もましますので、ハンドルを切った際に生じるロールが大きくなります。

 

ローダウンによるメリットを享受しつつ、乗り心地を保つには足回りの強化が必要で、一番効果的な手段が車高調システムの導入だと考えます。

 

ここでは、そんなアルファード30系 ローダウンと車高調の効果・予算・注意点をまとめてみます。

3つの秘策

アルファード30系のローダウンの効果

 

アルファード30系をローダウンした場合の効果について考えてみます。

 

アルファードはサーキットを走るレース車のベース車ではありませんので走り目的でローダウンは必要ありません。

 

そう考えるとアルファードローダウン目的は車の重心が下がることによる「見た目のカッコよさ」でしょう。

 

アルファード30系に限らずミニバンというものは重心が高く、車両重量は重いです。

 

アルファードに至っては車両重量は2トンを超えるほどです。

 

だから、どうしてもカーブでは不安定になりがちなのですが、ローダウンすることでこれを多少なりとも改善することが期待できます。

 

また、空気抵抗だってわずかではあるものの少なくなります。

 

とはいうものの、現実的なメリットは「見た目のカッコよさでしょう。

 

車体下部と路面との隙間が狭くなり、これに目一杯インチアップさせれば、ホイールハウスの雰囲気も含め、見た目が全く変わって、いかにも「走る」車になってくれます。

 

 

アルファード30系のローダウンのデメリット

 

アルファード30系に限らず、ローダウンしたときのデメリットは「段差などで車体下部を擦ること」です。

 

それも大抵の場合はエアロを装着し最低地上高を下げていますから、せっかく付けたエアロを擦ってしまうことになるのです。

 

擦るだけならまだ良いですが、割れることにもでなれば目も当てられません。

 

一瞬にして大金がパーです。

 

もう一つ大きなデメリットは乗り心地の悪化です。

 

サスペンションは、ストロークすることで、衝撃を緩和しするので、ある程度のストローク量は必要なのですが、ローダウンする場合は純正サスを短めのローダウンサスに交換するのが一般的です。

 

サスペンションを過剰に短くすると十分なストローク量が取れず、乗り心地も走行性能も悪化してしまうのです。

 

 

そこで登場するのが「車高調」です。

 

 

ローダウンするなら車高調

 

アルファード30系をローダウンする場合におすすめするのが「車高調」です。

 

車高調は、ショックアブソーバー」と「スプリング」がセットになって、車高がミリ単位で調整でき、減衰量まで調整できるものもあるのです。

 

例えば、下記のようなキットです。

 

 

 

 

これを使えば、エアサスほど自由自在には車高を調整できませんが、例えば積雪期に入る前(雪はローダウンの大敵ですから)に車高を上げるとか、大人数で乗るときに車高を上げておくなんてことも可能になります。

 

また、ショックとスプリングがセットになっているので、完璧とは言えませんが、ローダウンサスよりはストローク量を確保できる設計となっているものが多いのです。

 

 

車高調の予算

 

ローダウンサスの場合は、4輪分の部品代が2万円から3万円、工賃を入れて5~7万円といったところです。

 

 

ローダウンサス

 

TEIN HIGI・TECHローダウンサス

 

 

 

車高調キット

 

車高調になると高いものはきりがありませんが、キットで10万円前後、工賃を入れれば14、5万円といったところでしょうか。

 

いくつかご紹介してみます。

 

 

TEIN FLEX Z車高調キット

 

 

この車高調キットの推奨車高調整幅は次の通りです。

 

推奨車高 最高車高
フロント -55~-35mm -87~+6mm
リア -55~-35mm -69~-34mm

 

 

 

Largus ラルグス 全長調整式車高調キット SpecD

 

ストローク量が変わらない全長調整式の車高調キットです。

 

 

車高調整範囲 ダウン量
フロント 628mm~738mm -120mm~-10mm
リア 658mm~706mm -100mm~-52mm

 

 

 

BLITZ ブリッツ 車高調 DAMPER ZZ-R

 

 

車高調整範囲
フロント -85mm~0mm
リア -60mm~-25mm

 

 

RS-R Super☆i

 

 

推奨車高 最高車高
フロント -40~-45mm -5~-95mm
リア -40~-45mm -15~-60mm

 

 

 

車高調をする場合の注意点

 

アルファード30系のローダウン(車高調)で一番大事なことは車検に通ることです。

 

最低地上高が9センチ以上なければ車検に通らないからです。

 

この設定ならディーラーでも施工してくれますので、馴染のディーラーに頼むのもいいかもしれません。

 

それから、サスペンションを交換するとアライメントが狂う可能性がありますから、アライメントの測定、調整は行ったほうがいいと思います。

 

上記の価格はそこまで入った数字のつもりです。

 

アルファード30系のローダウンも車高調ならローダウンのデメリットを完全とは言えないにしろ、ある程度緩和してくれます。

 

アルファード30系は少し柔らかめの味付けですから、極端なローダウンにしなければ乗り心地を大きくスポイルすることはないかもしれませんね。

 

 

 

30系アルファードを限界値引きから更に55万円以上安く購入する方法

30系アルファードが発売されて3年が経過し、2018年はじめにはビックマイナーチェンジが行われました。

 

アルファードのフロントグリルは前期モデル以上に大きくなりました。

 

ただ、アルファードは最高級ミニバンと言われるだけあって高級感を味わえる反面、価格の方も随分と高価となっています。

 

アルファードのオーナーの中には値引き額は気にしなくても購入できる方が多いのかもしれませんが、「何とかしてアルファードに乗りたい」との思いから購入されている方もいらっしゃると思います。

 

30系アルファードの値引き幅も発売当初と比べて広がってきたとはいえ、まだまだ高額には変わりありません。

 

「やっぱり安く購入出来ないよな」と思われるかもしれませんが、諦めないでください。
これからご紹介する方法をまずはご覧になってみてください。

 

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

この方法だったら

  • 「安く買えるかも」
    しかも
  • 「カンタンじゃん」

と思われたら是非実践してみてください。

 

たった2分もあれば実践出来る方法です。

 

特集記事

 

 

>>>  目次ページに戻る

2つの方法